2018年08月02日

中国生薬市場 ~西安~

中国生薬市場シリーズ

~西安~

古の都、唐の長安 

現在の西安です

あの大帝国、唐の都の生薬市場!

かの弘法大師もここを目指し 

そして傷寒論を持ち帰った・・・!


きっとめちゃくちゃでかいに違いない

生薬もきっと質の良いのが集まってきてるハズ


かなり期待して行きました

西安に着いてから、ガイドさんに調べてもらったら

昔の市場とは場所が変わって、街のはずれに移動
している・・・


これは余計に期待が高まります

今まで見てきた経験上、新たに大きな市場を作るため

街中から郊外に移動してる場合が多いから・・


ということで、ワクワク度最高潮で着きましたよ

西安の生薬市場

入口では孫 思邈(そんしばく=唐の時代の医聖です)の
大きな像がお出迎え!

IMG_0950

おおー!!  アドレナリン放出量が急上昇!


いざっ突撃!!

IMG_0951


・・・・

・・・・

ん?

・・・・

お?

・・・

・・


IMG_0963

思ったより・・・  


期待値が高かったので

その分もうひとつ感が大きかったのですが

決して、全然だめというわけではありません

一緒に行った仲間は掘り出し物に巡り合え

ご満悦



まあまあ普通の小さな生薬市場

わざわざ生薬のために

西安まで来る必要はないか・・・

という感じではありました




そんなこと、まず日本で調べてから行けよ!

と言われそうですが

もちろん行くまでに調べています

調べると、中国の生薬市場の規模順に

書かれていたりする論文があるのですよね

で、それでは西安の市場はかなり上位に書いてあり

成都の市場よりも上だったのですけどね



中国4大生薬市場といわれ(=亳州、安国、禹州、樟樹)

(あの大きさの成都が4大市場には入ってないのです)

それで樟樹に実際に行ってみると、季節はずれで
ほとんどお店が開いてなかったり・・・ 

なんてこともあります

日本の旅行社では全く話にならないし

中国のガイドさんでも中国全土を知ってるわけ
じゃないですからね


やっぱり自分の目で見て確かめるのが一番

というか、行ってみないとわからない・・・


まあ、規模より、質を求めているため

規模が小さくても当たりのこともあります


でも、規模が大きい方が色んな店があるため

質の吟味ができることは確かですね・・


サト先生のブログはこちら
レガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 専門相談
  ⇒
8月24日(金)、25日(土)
        9月28日(金)、29日(土)



daizoblog at 22:00|Permalink 中国研修 | 日常

2018年07月28日

漢方の本陣薬局移転??

ところで

旧本陣の改修工事

外見はほとんど変わらないのですが

工事が入口開けっぴろげのため

のぞけます

めちゃくちゃ大がかりです

実際、ホントに大がかりです

来年までかかります





当、漢方の本陣薬局

もちろんご存知の通り

平和堂横 望月ビル1Fで営業しております

なんだかんだで、もう27年目になりますね


最近、町で会う人、話す人から 口々に

本陣さん、あそこやめて、本店でしゃーるんやろ

本店に帰ら~るって、ホンマ?


スタッフのTさんに至っては

「うちのおじいちゃんから

本店に戻られるんやてなぁ~

て言われたんですけど・・・

私、先生から教えてもらってないですよ~」

って  (・。・;


いやいや、それ私も知らんかったわ~ (^^;


うさわって面白いですねぇ、ほんと


でも、考えるに

この望月ビル

最近、特に入れ替わりが・・・

んでもって

旧本陣をあんな工事していたら

そんなうわさになってもしょうがないですね


で、実際、ホントのところは

















へへっ


(^_-)-☆





ってうそです


帰りませんよ


お店の中もちょっとだけ改装して

相談コーナーが増えたばかりです


お店は望月ビルです

お間違いなきようにね 



まあ、何年も先のことは

わかりませんけどね・・・

DSC04010





サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど
専門相談
    ⇒
7月27日(金)、28日(土)
     8月24日(金)、25日(土)



daizoblog at 20:30|Permalink 本陣のこと | 日常

2018年07月25日

旧本陣リノベーションその後

旧本陣のリノベーションが進んでいます

サト先生が紹介してくれているように

木之本宿で一番古い古民家

木之本の大火事の後に建てられました

270年の歴史

270年前というと江戸時代中期

それから明治~大正~昭和~平成~?? まで

その歴史の重みというか、その責任というか・・・


私の代でリノベーションするなんて夢にも思っても
みなかった・・・


昨年秋から始まった工事も

だいぶん進んできました


少し前ですが設計士の松井建築設計さんの主催で

滋賀の建築士会さんの見学会がありました


見学会1

って、私らはお店で時間の都合がつかず立ち合い
できませんでした 

残念・・

名簿を見せてもらうと30~40人ぐらい来られたようで

なんと、スコットランドの建築家も来られました

見学会2

正直なところ、今まで建築にあまり興味を持ったことは
ないので

うちの家の作り方がどうかなんて

考えたこともありませんでした

ただ古いだけ、寒いし・・・


最初の調査から現在まで、設計士の松井さんや
施工の橋本さんに色々教えてもらっているのですが、

ただただ感心するばかり

聞いてみると、明治以前の建物の方が丈夫なのだそう

そこに洋式の建築法が入ってきて

日本建築の本来の良さがなくなってしまった・・・

それが、近年見直され・・・

この頃は古民家ブームも・・・


建築の歴史を聞いていると

日本の漢方の歴史ととても似たような流れを感じます

漢方の歴史も、蘭学(蘭方=西洋医学)が入ってきて

明治政府の政策により漢方は衰退の危機を迎えました

そして昭和になって復興し・・・


歴史を想っていると、家が生き物のように感じます

うちの歴史をずっと見て、そして住む人を守り・・・

ほんとの本当に満身創痍

よく頑張ってきたと思います



これから100年、200年先までを見越して

旧本陣

梁と柱の木組みで甦ります




サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 専門相談
  ⇒
7月27日(金)、28日(土)
   8月24日(金)、25日(土)



daizoblog at 20:30|Permalink 本陣のこと | 日常

2018年07月21日

師匠の教え 其之参

今回は私の師匠ではありません

サト先生のです


K先生


やっぱりK先生  3Kってね・・・(^^;


私のことではないので、ちょこっとだけ


そのK先生との初めての出会いは、私も20年以上前

ではあるのですが・・・

当時、うちは色んな業界の勉強会に入ってました

8~9つぐらい入ってたかも、いやもっとかも・・・

それだけ入ってると日曜日はすべて勉強会です

それも二人で別々に・・・


そんな中で私は

K先生(ややこしい・・・、私の師匠のK先生)

との出会いがあり、

徐々にその勉強会だけに絞っていきました。


サト先生はあの通り、非常に勉強熱心

(過ぎるぐらいです、ハイ)

でも、色々勉強会に通うも

もう一つ煮え切らない・・・

自分の求めるものが違うというか、

自分の居場所が見つけられない感じで・・・


そんな時に元々顔見知りだったK先生と

子宝相談の勉強グループで一緒になり

急接近


そこからだったと思います


サト先生とK先生は師弟関係というわけじゃないのですが

K先生の漢方の知識の深さ

尽きることのない漢方に対する勉強欲

漢方相談に対して自分を律する厳しい姿勢・・・


居場所を見つけたサト先生

K先生を目標に頑張るようになりました


まるで

竜崎麗香(お蝶婦人ね)と岡ひろみ みたいに・・・  


ん?ちょっとちゃうか・・・(^_^;)


K先生、そこそこ年配ではありますが、全然バリバリです

めちゃくちゃ勉強されます 

というか勉強が趣味みたい・・・(^^;)


何の資格だったか、

漢方の試験のために勉強されていたK先生

サト先生が聞きました

「どうしてまだそんなに資格のために勉強するのですか?

 K先生の漢方の知識があれば、もう資格は

 必要ないでしょう」

K先生

「この資格持っていないと私のお客様に対して

 申し訳ないから・・・」


K先生がこんなに頑張ってるのに

私が頑張らないわけにはいかない! っとサト先生


良き師匠との出会い・・・

人生を変える出会い・・・

出会いに感謝です

IMG_1232



サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 専門相談
  ⇒
7月27日(金)、28日(土)
   8月24日(金)、25日(土)




daizoblog at 22:00|Permalink 漢方のおはなし | お店のアレコレ

2018年07月17日

ランチ&ゆり園

朝、スタッフの出勤

いつものごとく

おはようございま~す!

ん? 顔にちょっと元気がないなぁ~


じゃあ・・・

急遽スタッフ慰労の昼食会!ってことで


行ってきました!

ランチバイキング&箱館山ゆり園


まずは

マキノグランドパークホテルでランチバイキング
001


ん~、やっぱりおいしい物を食べるとみんな元気になります

満腹の後は箱館山ゆり園へ



天気も絶好・・というか・・・暑い!!
023

でも、箱館山山頂は時折涼しい風も・・・


大雨の影響で、ゆりの花が落ちたり・・・

ちょっと残念なところもありますが

011

そこそこ散策して

この夏からオープンというランプカフェ

025


030
写真撮るとき、ものの見事に全員Vサイン・・・(^^;

お腹も大満足で帰りました


ちょっと暑すぎて、よけい疲れたかも・・・

でも、みんな楽しそうな笑顔だったので

良かった・・・ 




サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 
専門相談
  ⇒
7月27日(金)、28日(土)
   8月24日(金)、25日(土)




daizoblog at 20:30|Permalink 日常 | お店のアレコレ

2018年07月13日

亳州 番外編

亳州は三国志で有名な曹操の故郷です

そして、その曹操の頭痛を治せる唯一のお抱え医だった華佗
の故郷でもあります

この華佗の話は滋賀夕刊に2回書いています!

滋賀夕刊の漢方薬のお話

80話


175話


亳州にはその華佗の記念館があり、もちろん見学!

IMG_0387

IMG_0391


華佗は「麻沸散」という処方を考案して、腹部切開手術
をしたと言われています

1600年後の江戸後期、華岡青洲はこの麻沸散を参考に、
麻酔薬「通仙散」を作りました
IMG_0399


華佗が長生のために考案し、自ら実践していたという
健康体操法  「五禽戯」(ごきんぎ)
IMG_0403

動物の虎、鳥、猿、鹿、熊の動きをまねして体操!



曹操に背いて故郷へ帰ってしまい

戻ってこなかった華佗

結局曹操に殺されてしまいました・・・


華佗、建安13年(西暦208年)没

(ということは傷寒論の張仲景と同じ頃活躍していたのですね)

生年は不明ですが、一説には西暦110年とも・・・

だとすると、なんと97才

まあ、長生きだったのは確かでしょうね

やっぱり五禽戯の効果なのか・・・


サト先生のブログはこちら
レガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 
専門相談
  ⇒
7月27日(金)、28日(土)
   8月24日(金)、25日(土)






daizoblog at 20:30|Permalink 中国研修 | 日常

2018年07月09日

被害

大雨の被害が大変なことになりました


この辺は少し土砂崩れがありましたが

道も復旧しています

地震でも、台風上陸でもないのに・・・

こんなことになるなんて・・・


お亡くなりになった方のご冥福と

一日も早い復旧をお祈りいたします。



daizoblog at 22:30|Permalink

2018年07月06日

大雨

昨日、今日はひどい大雨・・・

高速が通行止め、そのせいで国道8号線が大渋滞

今日のお客様は大変でした

「近くまで来たのに、そこから車が全く動かなくって・・・

 予約の時間に遅れるのですがどうすればいいですか?」

皆さんからお電話頂きました

でも、今回はその次の方も、次の次の方も

時間には遅れる可能性大だから

「どうぞいつでもいいからお越し下さいね」


長浜から2時間かかられた方・・・

電話で裏道を誘導しながら来ていただいた彦根の方・・・

渋滞だからと1時間早く家を出て
 予約時間ピッタリにお越し頂いた方・・・


皆様本当にありがとうございます



早く道路が開通しますよう・・・


       gatag-00008988



サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 
専門相談
  ⇒
7月27日(金)、28日(土)
   8月24日(金)、25日(土)




daizoblog at 21:30|Permalink 日常 | お店のアレコレ

2018年07月03日

師匠の教え 其之弐

漢方のもう一人の師匠

K先生

師匠二人ともK先生ですね・・・(^_^;)


人との出会いが人生を変える・・・


今の私の根源ともいえる

漢方と糸練功の師匠です


当時、中国の医学原書を読めるようにと

簡体字の勉強も始めてた頃・・・

 
大阪の友人の先生から

新しく始まる漢方の勉強会、来ない?

面白いと思いますよ・・・ って


簡体字が飛んじゃいました (^^;


それから

もう16年・・・

落ちる鱗がなくなるぐらい目から落ちました



地球上でできた病気は地球上のもので必ず治せる・・・


この出会いで

漢方薬が本当に効くのだと思い知ることができ

漢方薬だけでやって行こうと決めました



太陽が東から昇る、南中の時が一番強い

それにどう対処するかが東洋医学

なぜ、東から昇るのかを考える必要はない


色々新しい学説が出てくるが

10年ももたない学説がほとんど


300年残ってるものだけを使え

(これは師匠の先輩の言葉)


・・・・・・


治せなかった症例に目を向けること

次は必ず治せるように・・・


効果の出なかった漢方薬を飲んでもらっていた時間とお金 

患者さんにかけた負担のことを忘れてはならない・・・



肝に銘じて精進します

IMG_1228


やっぱりK先生もお酒好き・・・ (^^;)



サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 
専門相談
  ⇒
7月27日(金)、28日(土)
   8月24日(金)、25日(土)




daizoblog at 20:30|Permalink 漢方のおはなし | お店のアレコレ

2018年06月30日

中国生薬市場 ~安国~

中国生薬市場シリーズ

~安国~

北京から150kmほど

車で行きます

亳州に次ぐ中国最大級規模の生薬街 安国

始めて見たときはホントに驚きました

あまりの規模に

さすが中国と思ったものです


中国の30%以上の生薬が安国で取引されている

中国では 「安国を通らないと生薬になれない」

と言われているそう



あと、驚いたこと


午後になったら

全部の店が閉めちゃう・・・

えっ えっ??

中央市場の中のお店

あれだけのお店が

みーんな布かけて

帰っちゃう 


市場は午前中だけしか開けないってことを

初めて知りました

(広州はもっとやってたように思ったんだけど・・・)


以来、生薬市場へは必ず前泊で街に入って

午前中にしっかりと行くようになりました


当時は鹿茸や人参も質の良いのが今より安かったですね


最近は中国当局の政策で生薬の品質を一定にするとか

その影響で北京に一番近い安国は
  少し元気を失ってるらしい・・・

そんなことを風のウワサで聞きましたが・・・

力あふれる生薬街 安国  ちょっと心配です



中央市場
安国



サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 
専門相談
  ⇒
7月27日(金)、28日(土)
   8月24日(金)、25日(土)



daizoblog at 20:43|Permalink 中国研修 | 日常