2007年06月08日

健康危機管理調整会議

昨日は湖北地域健康危機管理調整会議(長っ・・)に出席してきました。

これは湖北4病院(長浜日赤、市立長浜、青樹会、湖北総合)、医師会、歯科医師会、薬剤師会、各市町警察署、消防署、市役所、町役場の代表の方と保健所の方で構成されています。(私は薬剤師会支部長さんの代理出席です)

大規模な感染症や食中毒の発生に対して発生の予防、拡大防止、治療等に関する業務についての調整会議というものです。

昨日は新型インフルエンザや鳥インフルエンザ、0-157などの食中毒、流行中の麻疹(はしか)についてが議題でした。

はしかについては滋賀県では少ないのですが数人確認されていますびっくり

やはりワクチンも抗体検査キットも全くない状態だそうです。
(もうしばらくすると市場に出回るそうですが、そのころはきっと流行が収束しているだろうとのこと(-_-;))

今回の流行はテレビ等でもいわれてるように、10数年~20年前に、ワクチンで髄膜炎などの副作用が出たことがあり、そのころの保護者が副作用を恐れて子供にワクチンを接種させなかったため、その子供が今ちょうど高校~大学生になる年齢で、抗体ができていないからというのが一番大きな原因のようです。

実は例に漏れず、うちのおぼっちゃま(中学生)もワクチンをうっていませんでした^_^;。ニュースでやりだしたころ、早速近所のお医者さんにたのんでワクチンは接種できましたが、そのときも麻疹だけのワクチンはもうなくて、新三種混合ワクチンをうってもらったのです。

幸いうちはワクチンが間に合ったのですが、まだの方は要注意!

板藍茶で予防してくださいね!!

そうです、板藍茶は夏でも手放さず、いつでも飲めるように置いておくのが一番です。早め早めの服用がポイントです。
また食中毒予防には五行草、晶三仙、勝湿顆粒も常備してほしいですね笑顔




at 14:22|Permalink 日常 

2007年06月07日

メニエール

昨年の夏からお越しのKさんは50台の女性です。

15年前に突発性難聴を起こしてから、メニエール様症状が起こり、酷くなってくるとステロイド剤をお飲みになられています。また運悪く近年交通事故にあわれてしまったのです。

めまい、フワフワ感、耳痛、立ちくらみがあり、疲れ目、肩こりがきつく、食欲不振、体調の悪い日は、うでやひざ下がだるくなります。またひとゴミの中にいると頭がボーっとしてしまい、目が充血してくるとのこと。
病院からは降圧剤、入眠剤、めまい止め、ステロイド剤が処方されています。
またサプリメントも少々・・・

ご来店時、ストレスも多そうでお疲れなのでしょうが、お仕事が人相手の仕事からなのか、あまりつらさを顔に出さずにされておられるようでした。

糸錬功では、自律神経系(五志)、耳(めまい、難聴)、肩こり、血圧、むくみ、頚椎、腰椎などの異常を確認しましたが、それぞれがかなり低いレベルにありました。

とりあえず初回は自律神経系の漢方薬のみ2種類お飲みいただいたのですが、
2回目のときちょうどメニエールがきつく出て、ステロイド剤をおのみでした。
加齢に加え、ステロイド内服していることもあり、骨密度検査で大分悪かったことを気にされ、メニエールの漢方薬も望まれ、漢方薬は4種類になりました。

漢方をはじめて2ヶ月目のときに「ちょっと体が楽かなぁ」
といっていただきました。耳の痛みが減り、目も少し楽になったようです。気持ちがしんどくなくなり、減った体重が持ち直してきたとのこと。
Kさんは五志の合数が2ヶ月間で急速に改善していました。

その後、めまいの漢方薬を少し変方し、五志の漢方は休薬しました。
また肩こりが頚椎異常からと考えられ、その漢方薬を追加しました。

肩こりはほとんどなくなり、現在はメニエールの漢方薬と、頚椎の異常に対する漢方薬を少量続けていただいております。

まだ耳の症状は気圧が変わるとき、少し症状が出るものの、以前に比べるととても楽で、頓服のステロイドの量がかなり減らせることができています。

何より当初とは雰囲気が変わられて、最近は薬を飲むのを時々忘れるとのこと^_^;


at 16:41|Permalink めまい 

2007年06月06日

成人アトピー

最近アトピーの方の相談が多く、お子様のアトピーももちろんですが
成人の方の相談も増えています。

(糸錬功で処方決定するには、どちらかというと成人の方がやりやすいですけどね)

昨日お越しのTさんも成人型アトピーで、うちに来られてから8ヶ月になります。

赤ちゃんのころからのアトピーで、今までお医者さんなど色々なところに行かれ、アレコレ試されたようですが、良くなりませんでした。

最近はあきらめていたとのこと、でもこのところお顔に湿疹が出てかゆみもあり、何とかならないかとのことでした。

若い女性なので、特にお顔に病変がおこるとつらいですよね。

Tさんはご来店時、顔全体がかなり赤くところどころプツプツと丘疹があり、腕は全体に乾燥し、発赤、丘疹、慢性化しているため皮膚全体が堅くぼこぼこ(苔癬化)していました。

食事や生活のお話をして、清熱瀉火、補血、活血作用のある漢方薬をお飲みいただきました。

お顔の赤みは2週間でひいてきて、一ヶ月目にはかなり改善しました。

その後、潤燥、疎肝作用の漢方薬などもおのみいただき、腕の苔癬化も良い状態です。

昨日は、私も驚いたのですが、実は今まで半年~8ヶ月に一度しかなかった生理が4月と5月にきましたとのこと。

私の場合は、ほとんど糸錬功で処方決定するために、あまり生理のことは気にしていなかったのですが、皮膚の状態が良くなる中で、ホルモンの働きも良くなっていたのですね。

うれしそうに話されるTさんのお顔が印象的でした。

きっとこちらのほうも半ばあきらめかけておられたのでしょうね。


at 14:58|Permalink アトピー 

2007年06月04日

はじめの一歩

こんにちは!ダイです。

この度、サトのすすめもありブログ始めました。

学術肌のサトと違って感覚肌のダイなので、また違った雰囲気になると思います。

レガート日記 たまごの気持ち 同様どうぞよろしくお願い申し上げます。







at 14:32|Permalink 日常