2007年06月

2007年06月28日

頭部の皮膚病

Aさんは5ヶ月前から来店です。
頭部の脂漏性湿疹で、3年前から症状が出たり、治まったりの繰り返しです。
ここ一年半ぐらいは医院よりステロイドのローションを処方され、使われていました。

見てみると、前頭部に頭全体の3分の1ぐらいの広範囲で赤みがかった皮膚炎があり、その上一面に脂漏からくる鱗屑と痂皮(かさぶた)がこってりとついています。
典型的な脂漏性湿疹です。

Aさんはお若く健康そうな方ですが、ストレスが胃腸にくるとのことでした。
脂っこいものをひかえてもらうこと、特にスナック菓子などは良くないこと、また緑の野菜を積極的に摂るようにしてもらうことをお話しました。
そして糸錬功で確認して清熱・補血・活血の働きのある漢方薬をお飲みいただきました。

2ヶ月ぐらいしたときですが、養生指導が足りなかったのか、糸錬功の合数は順調に改善しているのですが、
頭部の皮膚に厚さ3~4ミリはあろうかというぐらいの鱗屑と痂皮がべったり張り付いています困った

お聞きしてみるとシャンプーを週一回ぐらいしかしてないとか・・・(-_-;)
シャンプーのときかさぶたと髪の毛がかたまって、ごぼっと抜けてしまうため、シャンプーをひかえられたそうですね。
早速、お風呂に行く前にベビーオイルをつけ、シャンプーを毎日してもらうようにしました。

現在5ヶ月めになりますが、ほんのわずかに紅班がある程度で、ほとんど他の皮膚と変わらないぐらいに改善しております。

皮膚病があると洗うのを控える方が良くありますが、逆効果です。
皮膚は汗や脂、汚れを落として清潔にしないと治りにくくなるばかりか、二次感染など他の皮膚病ができてしまうこともあります。
Aさんの場合は、ごってりとかさぶたが覆ってしまって、頭皮が窒息状態になってしまっていました。悲しい
これではよけい髪の毛も抜けてしまいますよね。




9c797669.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします

at 12:07|Permalink 皮膚病 

2007年06月26日

産後のむくみ

波動の会が終了しました。定員いっぱいの参加で成功でしたよ。
ご参加下さいました方々、遠方を誠にありがとうございました。m(__)m
またこれに関しては別の日に・・・

産後のむくみでご来店くださいましたMさん。
出産から4ヶ月あまりたちますが、むくみが治らないとのことです。
手の指はずっと手袋をはめているようで、まぶたも足もずっとむくみがあります。
Mさんは前回の妊娠中には妊娠中毒症になられました。
今回は妊娠中は大丈夫だったのですが、出産後が悪いとのことです。

産後のむくみというと血の道の漢方薬のような気がしますが、
糸錬功で確認すると、以外にも滋陰補腎薬が適応です。
これに補脾気の生薬を加えお飲みいただきました。

1週間目には、今まで軍手をはめていたような感じだったのが、ゴム手袋ぐらいになりましたとのこと。
さらに2週間で、自覚されていたむくみはほとんど改善されました。
また、今まで体の重だるさから気分的にも沈みがちだったのが、とてもやる気が出てきたとおっしゃって下さいました。
この時点で糸錬功の合数は7合。もう少しの服用で終わりですが、本質的に腎陰虚があるため、しばらくは体質強化のために継続したほうが良いでしょうね。

実はこの方、1週間目にかぜひかれてしまい、それも漢方薬をおのみいただいたのですが、3日ほどでとても調子が良くなり、漢方薬に対する信頼を深めてもらえました。



21fd7b6a.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします





at 06:01|Permalink むくみ 

2007年06月19日

本当の素肌美人

 Nさんは、80歳になるおばあちゃんです。

ちょうど1年前からお腹の皮膚病でお越しです。
ずっと継続ではなくて、たまにお越しになるという感じでした。
漢方薬を一ヶ月ぐらい飲んで良くなるとやめ、またしばらくして皮膚病が出てくると電話を下さり漢方薬を飲むという具合です。

途中、腰痛を起こされましたが、漢方薬一ヶ月の服用で治ってしまったようで、今では腰痛を起こされたこともお忘れみたい・・・^_^;

実はNさん、拡張型心筋症という大変な難病をお持ちなのです。

これは心臓の筋肉の収縮が極めて悪くなり、心臓が拡張してしまう病気で、国から難病(特定疾患)指定されています。ある研究データによると、診断されてからの10年生存率は22パーセントとも言われており、予後不良の病気です。最近ではこの病気の5歳ぐらいの女の子を救うため、外国での手術費用をネットで募金して一億円以上集まり話題になりました。

Nさんのお母さんも若くしてこの病気でお亡くなり、娘さまにいたっては高校生の頃にお亡くなりになってしまったのです。
Nさんも若い頃に診断され、60歳までは生きられないだろうと宣告されました。
しかし現在プラス20年!!

でもでも見かけはそんな難病を抱えてられるようには全く見えません。というよりも、とても80歳には見えない、かわいい方(失礼!m(__)m)です。
お顔はつやつや、ほんのり赤みもあってとても健康そうです。なんと今まで一度もお化粧をされたことがない!!素肌美人なのです。
お腹の皮膚病も治りがそこそこ早いですね。

私の相談は漢方薬を1~2週間ごとに作って、お越しいただくのですが、Nさんにはあまり来てくださいとはいえません。
ご病気のため医者からは車に乗るのも禁止されているのです。
でも病院へ行くのも、うちにこられるのも、車を自分で運転してこられるのです困った
(80歳という年齢だけでも運転されることが(@_@;)!)

そんなNさんの健康の秘訣は
「料理は毎日30品目以上必ず使うびっくり
事だそうです。お味噌汁の具も5~6品いれるそうな。

恐れ入りますネ。

人間の体は食べたもので作られる。
食事がなによりも大切ということをまさに身をもって示していて下さいます。
昨日も薬全部のむまで生きてるやろか?って元気に車でお帰りでしたよ。

Nさん、冗談飛ばしても、車は飛ばさないようにネ!(^_^)/~





99077277.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


at 00:55|Permalink 皮膚病 

2007年06月16日

PC化が進むと・・・2

K先生のお話です。
K先生はサト先生(もちろん私も)が最も尊敬し、サト先生以上に毎日大変忙しくされておられる方です。
そのお店に優秀な研修生が入りました。研修生はPCにも長けていて、K先生のカルテをすべて電子カルテにしたそうです。
「先生、これで電話しながらでもすぐにカルテが見られます、またお仕事の能率があがりますよ!音符

しかしK先生は
「私にいったいどれだけ仕事させるのびっくり困った」 と
とってもありがた迷惑だったとか・・・

そうなんですよね、手作業だからやれる仕事に限度があり、手一杯のところでできなくなっていた仕事を、PC化されて能率が上がると、他の仕事がまたやれてしまうのです。K先生のよう忙しい方になると、仕事には終わりがありません。効率化されればされるほど、やる仕事が増えるのです。

(というより、時間ができたらできたでどんどんとまたやることを自分で増やされていくのでしょうけどね)

効率化、効率化もほどほどにしないとね・・
体がついていきませんよね。

ところで先日、そのK先生から夜中の一時半にサト先生にメールが来てました。フツーにね
サト先生、ちょうどその日、たまりたまった疲れでバタンキュー (-_-)zzzz・・・。
次の日、K先生「本陣さんは間違いなく起きてると思った・・・」ですって ^_^;。

ははっ汗、あんたら・・・





64ee3d0b.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします

at 22:00|Permalink 日常 

2007年06月15日

PC化が進むと・・・

Sさんは30代の女性です。
子宝に恵まれ3人のお子様の育児しながらも、お仕事をされています。
3年前の妊娠中に自律神経失調気味のめまい、動悸などを起こされてから体調が崩れることがあり、昨年の今頃、呼吸もできないぐらい苦しくなってご来店されました。
めまい、立ちくらみ、動悸、むかつき、過呼吸様症状があり、まさに暗やみの中といった感じです。クリニックからも安定剤などが処方されています。

Sさんには温化寒飲・健脾利水の働きのある漢方薬をお飲みいただきました。
症状は一進一退を繰り返しながらも3ヶ月目で日常生活が普通に送れるようになり、6ヶ月目で漢方薬の服用を終わったのです。
が・・・
漢方薬をやめてから2週間ほどでまたフラフラするとのこと。
今回は補血調経、化痰熄風薬を加え、6ヶ月目になります。
現在、めまいはほとんどなく、お仕事も非常に忙しい時期がすんだそうで、漢方薬は服用量を減らしているところです。

Sさんのお仕事はPCの業務がとても多く、めまいの方にはPC業務は本当によくないようですね。
先日は、首筋から肩にかけてとてもこっているとのこと。また前日は腰が痛かったとおっしゃいました。
糸錬功でさぐっていると、Sさんボソッと

「マウスかなぁ・・・?」

確かに肩こりは筋肉の緊張のようです。
お聞きすると、職場で以前はお仕事によって使うPCが違ったりして、あちこち動いて仕事していたのが、この春から自分の机のPCだけでほとんどすべての業務ができるようになったそうです。
業務としてはとても効率が良くなったのでしょうが、結果一日中机に座りっぱなし、PCに向かいっぱなしになってしまいました。
きっと前日の腰痛も無理な体勢での座りすぎからくる筋肉の緊張だったのでしょう。

PC業務ばかりの皆さん、大丈夫ですか・・・はてな




eb6b831b.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします

at 16:21|Permalink めまい 

2007年06月14日

がんばるブログ

サト先生が
「おー、がんばってるやん。毎日書いてるのネ。
 まあ最初はがんばるんよね、でもそのうちね・・・」

おいおいおい!怒り

でも当たってるかも^_^;

サト先生はがんばってますよん。
忙しくってブログの更新ができないみたい・・・

(じゃ私はヒマなんかい!^_^;)

このブログ見て下さってるのは、ほとんどサト先生ブログの方なので・・・

こっちのブログでサービスしちゃいましょ!
(というよりこっちにパクリ(^・^))


滋賀夕刊65話b1f85f31.jpg
 アップしました。








妊娠出産レポート TSさんからのお手紙4a791f53.jpg
 アップしました。

TSさん、本当にありがとうございますm(__)m。
初期の頃、縁日の大混雑の中で見かけたときは焦りましたよショック
早速、サト先生にチクリましたけどね^_^;

近頃妊娠の報告が多く、ダイもほんとうに驚いています。\(~o~)/

幸せ報告、もっと増えるといいなあ笑顔







eca54061.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


at 13:35|Permalink 妊娠・出産報告 

2007年06月13日

満員電車

 昨日お越しのSさんとは長いおつきあいになりました。
昨年の1月からですので一年半になります。

椎間板ヘルニアからの坐骨神経痛で、痛みがあり長く歩けないという状態でした。電車でお越しのため、駅から当店までの数百メートルを歩いてくるのも大変で、休憩をしないと来れないとのこと。
私の母とあまり変わらないお歳の女性なのですが、週に数回、彦根までお仕事に通われています。そのお仕事がまた腰に負担がかかるようで・・・。

長い距離が歩けず、数百メートルいっては休み、数百メートルいって休み・・という状態を間欠歩行といい、脊柱間狭窄症の代表的な症状です。
Sさんは糸錬功で確認すると腰椎の2番~5番まで異常が出ており、長年の無理な体勢でのお仕事がうかがわれました。
漢方薬をお飲みいただき、6ヶ月目に駅からうちまで休憩せずに来ることができるようになりました。

結局、坐骨神経痛以外にも変形性関節症からのひざ痛、また手指の痛みが出てきたり、良性の腫瘍様の異常信号が出たり、皮膚真菌症がでたりと、結局一年半のお付き合いになっています。
現在は、どれだけでも歩けるということはないですが、痛み等はほとんどなく、とてもよい状態になっています。

 昨日の会話、SさんはJRの混雑にかなりご不満のようで、学生がとても多くて席に座れないとのこと。私も初めて聞いたのですが、朝の電車は満員で駅員さんがお客さんを押して扉を閉めるそうですね!
えーっ!都会の電車のことじゃなく、こんな田舎の北陸線で電車びっくり
知らんかった・・・。
直流化され時間帯によっては1両や2両運転になったため混雑がきつくなったのですね。
で、Sさんに言わせると、県立高校が2年前から全県一区制になって、湖北の学生も長浜で止まっていたのが、たくさん彦根以南に通われるようになったのも原因だとか・・・。以前は虎姫、長浜でどっと少なくなったのが、

「彦根まで一緒なの怒りびっくり

「学校は家から近いのが一番いいの!!何でそんな遠くまで通うのよ!!怒り怒り

お怒りです・・・。

それからひとしきり、高校生のスカートの丈の短いことなど、色々と手厳しいお話をされてお帰りになられました。

以前は、お体の不調のことや、年とるとあかんあかんとのお話が多かったのですが、昨日は自分のことではないお話が多く、これも調子が良くなったからかもネ・・・笑顔

最後に・・・

Sさん ごめんなさい、うちのお嬢も彦根まで通ってますm(__)m


d7339837.jpg
850cfd9f.jpg
  151476fa.jpg













73f2d067.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします

at 15:33|Permalink 腰痛・坐骨神経痛 

2007年06月12日

うーん・・・

たまにお客様の中には予約をブッチされる方がおられます。
中にはもちろん日にちを間違えていたり、忘れていたり・・・と
これは誰にでもありますよね。
まあしょうがないか・・・^_^;  なのですが

私のお客様の中にはわざとというか、自分の意思で来られない方があるようです。
この中には二つのタイプの方がおられて

一つは、漢方薬が思ったような効果が出なかったとき
これは全く申し訳ありません。あまり何回も来られて効果がでないとえーかげん嫌になりますよねネ。反省・・・m(__)m
効かんからやめるって言っていただければ良いですよ。落ち込み

もう一つは逆です。効果が出てやめてしまわれるのです。
昨日のYさんはどうもそれっぽい・・・。
元々10年以上前からの腰痛もちだった方です。
一ヶ月ぐらい寝込んだこともあり、あちこち病院なども通われました。
しばらく楽だったようですが、最近また足の痛みが出てきてお越しになられました。
糸錬功で確認すると、第4腰椎に異常が見られ、足のスネまで来ています。
漢方薬は散寒去湿と健脾利水のの働きのある2剤を飲んでいただきました。

2週間後お越しになったとき
半分ぐらい飲んだら楽になった
旅行へいって階段1000段昇ったら少し痛みが出たけど大丈夫 とのこと。

症状は確かにとても改善していただけたようですが、糸錬功の合数はまだ1.5合、3.0合です。まだまだ漢方薬を続けないとすぐまた痛み出してしまうレベルです。
実は2回目の時、そんな感じがして、まだ続けないといけないことを念を押しておいたのですが、昨日はお越しになりませんでした。悲しい
ご予約の時間でも来られないときはこちらから電話するときもありますが、できないときも結構あります。

実は昨日、こんな方もありました。
同じく坐骨神経痛のSさん、
漢方薬のんでると調子良かったのでやめたけど、また痛くなってきたからと、4ヶ月ぶりです。
カルテをみてみると確かに途中でやめておられます。

特に腰痛や坐骨神経痛、変形性膝関節症からの痛みは漢方薬が得意な分野です。また漢方薬は良くなってやめることもできたり、やめられなくても予防のため、飲む回数や飲む量を減らすことができます。
でも良くなる途中でやめてしまうと、悪くなるのが早いのです。
減らす、やめるタイミングは大事なのです。
お薬はできるだけ減らせるように努めてますので、
「勝手に良くなりブッチ」^_^;はさけてほしいなあ・・・。
笑顔





f04541c5.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします





at 11:30|Permalink 腰痛・坐骨神経痛 

2007年06月08日

健康危機管理調整会議

昨日は湖北地域健康危機管理調整会議(長っ・・)に出席してきました。

これは湖北4病院(長浜日赤、市立長浜、青樹会、湖北総合)、医師会、歯科医師会、薬剤師会、各市町警察署、消防署、市役所、町役場の代表の方と保健所の方で構成されています。(私は薬剤師会支部長さんの代理出席です)

大規模な感染症や食中毒の発生に対して発生の予防、拡大防止、治療等に関する業務についての調整会議というものです。

昨日は新型インフルエンザや鳥インフルエンザ、0-157などの食中毒、流行中の麻疹(はしか)についてが議題でした。

はしかについては滋賀県では少ないのですが数人確認されていますびっくり

やはりワクチンも抗体検査キットも全くない状態だそうです。
(もうしばらくすると市場に出回るそうですが、そのころはきっと流行が収束しているだろうとのこと(-_-;))

今回の流行はテレビ等でもいわれてるように、10数年~20年前に、ワクチンで髄膜炎などの副作用が出たことがあり、そのころの保護者が副作用を恐れて子供にワクチンを接種させなかったため、その子供が今ちょうど高校~大学生になる年齢で、抗体ができていないからというのが一番大きな原因のようです。

実は例に漏れず、うちのおぼっちゃま(中学生)もワクチンをうっていませんでした^_^;。ニュースでやりだしたころ、早速近所のお医者さんにたのんでワクチンは接種できましたが、そのときも麻疹だけのワクチンはもうなくて、新三種混合ワクチンをうってもらったのです。

幸いうちはワクチンが間に合ったのですが、まだの方は要注意!

板藍茶で予防してくださいね!!

そうです、板藍茶は夏でも手放さず、いつでも飲めるように置いておくのが一番です。早め早めの服用がポイントです。
また食中毒予防には五行草、晶三仙、勝湿顆粒も常備してほしいですね笑顔




at 14:22|Permalink 日常 

2007年06月07日

メニエール

昨年の夏からお越しのKさんは50台の女性です。

15年前に突発性難聴を起こしてから、メニエール様症状が起こり、酷くなってくるとステロイド剤をお飲みになられています。また運悪く近年交通事故にあわれてしまったのです。

めまい、フワフワ感、耳痛、立ちくらみがあり、疲れ目、肩こりがきつく、食欲不振、体調の悪い日は、うでやひざ下がだるくなります。またひとゴミの中にいると頭がボーっとしてしまい、目が充血してくるとのこと。
病院からは降圧剤、入眠剤、めまい止め、ステロイド剤が処方されています。
またサプリメントも少々・・・

ご来店時、ストレスも多そうでお疲れなのでしょうが、お仕事が人相手の仕事からなのか、あまりつらさを顔に出さずにされておられるようでした。

糸錬功では、自律神経系(五志)、耳(めまい、難聴)、肩こり、血圧、むくみ、頚椎、腰椎などの異常を確認しましたが、それぞれがかなり低いレベルにありました。

とりあえず初回は自律神経系の漢方薬のみ2種類お飲みいただいたのですが、
2回目のときちょうどメニエールがきつく出て、ステロイド剤をおのみでした。
加齢に加え、ステロイド内服していることもあり、骨密度検査で大分悪かったことを気にされ、メニエールの漢方薬も望まれ、漢方薬は4種類になりました。

漢方をはじめて2ヶ月目のときに「ちょっと体が楽かなぁ」
といっていただきました。耳の痛みが減り、目も少し楽になったようです。気持ちがしんどくなくなり、減った体重が持ち直してきたとのこと。
Kさんは五志の合数が2ヶ月間で急速に改善していました。

その後、めまいの漢方薬を少し変方し、五志の漢方は休薬しました。
また肩こりが頚椎異常からと考えられ、その漢方薬を追加しました。

肩こりはほとんどなくなり、現在はメニエールの漢方薬と、頚椎の異常に対する漢方薬を少量続けていただいております。

まだ耳の症状は気圧が変わるとき、少し症状が出るものの、以前に比べるととても楽で、頓服のステロイドの量がかなり減らせることができています。

何より当初とは雰囲気が変わられて、最近は薬を飲むのを時々忘れるとのこと^_^;


at 16:41|Permalink めまい