2012年06月

2012年06月29日

難治性アトピー

アトピーの女の子です


秋の運動会で短パンが履けるようにならないかと・・・

足に慢性化した大きな湿疹があり

そのため長ズボンばかり


運動会で一人長ズボンでは目立つから  と


正直なところ、その時はうーん と思いました

4年前からだそうで・・・


漢方薬

最初3か月は一進一退

少し痒みがが減ったかな~ 程度


で、処方変更

その後、顕著に改善


3か月目

先週、短パンで来店されましたよ

今日もね


なんとか運動会、短パンクリアできそうです


この調子、この調子


サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち



daizoblog at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アトピー 

2012年06月28日

オートメイル


純B


ハガレン (鋼の錬金術師ね)

ではありません


この前の日曜日

甥っ子の見舞いに行ってきました


仕事で大怪我

足首の骨が砕けてしまったとのこと

術後2週間です


入院は3カ月かかるそう


うちのおぼっちゃまの大腿骨骨折も

2カ月ちょい入院しましたから

そうでしょうね


でも、思ったよりも元気

とりあえず安心しました


病室に一時間以上いましたが

9割ぐらいは彼がしゃべるのを聞いていたような・・・



若いから治りも早いはず

心も、身体もね


ガンバレ 純


それと 


おめでとう (^_^;)

純A





サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち



daizoblog at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2012年06月27日

心の痛み

お客さま

家族のことやお仕事のことでストレスが・・・


死にたいぐらい・・・と


色々お聞きすると、お話し下さいます

話しをしてちょっと楽になったと・・・



私に人生の指導が出来るわけではありません


でも、悩みを人に打ち明けると

楽になるものですね


体の痛みは人にわかってもらえますが

心の痛みは人にわかってもらえない



心がギリギリに張りつめているときに

漢方薬で少しゆるめてあげると


心が疲れきっているときに

漢方薬で少し元気を与えてあげると


ものの見方、考え方がちょっと変わるものです


考え方や思い方をちょこっと話すことはありますが・・・


結局は自分の心がちゃんと良い方向に動いているんだと思います



お客様が少し楽になると

私も少し楽になります


そんなものでしょうね


サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち




daizoblog at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お店のアレコレ 

2012年06月26日

たまごの気持ち

サト先生のブログ

すごいアクセス数になってました

そうです


NHKスペシャル 「産みたくても産めない ~ 卵子の老化・・・」

の影響ですね

私もビデオで見ました


思いましたよ

サト先生の出番

漢方薬の出番

ですよね



卵子の老化についての認識は

学校教育の段階からやらないといけない

真剣に思います


サト先生、書いてますが

ほんとうにたくさんの方の涙・・・


うちでつらい涙を流された分

喜びの涙を流すことが出来ますように・・・



コウノトリ



サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち



daizoblog at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2012年06月21日

ネパール

突然ですが

ネパールへ行ってきます!!



なんちゃって m(__)m


毎年、漢方の研究会で中国研修に行ってるのですが

来年はネパールへ行こう


という話しになりかけています

なんでネパール??


そう、ネパールと言えば

マイナリさん

ではありません


なんとネパールでは

糸練功のルーツでもある36脈診が今でも行われている!


そうな・・・


それは是非、死ぬまでに一度!!


というわけです



でも、ネパールって

ひょっとして

ヒマラヤ  チュモランマ??


ということは


標高が・・・・


でも、大丈夫


強い味方 高地トレーニングがあるから


まあ、それはいいとして・・・



実は

ネパールは

私にとって薬剤師の師匠であった伯母が

日本の次 (ん?日本よりかも) 好きだった国です

もう亡くなっていますが


私が街の薬局の薬剤師として生きて行こう

と決心させてくれた人です

30年前にね


亡き伯母があれだけ好きだった国


行ってみたいですね




ということで

鬼に大笑いされながら、ネパールに思いを馳せています


エベレスト


サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち



daizoblog at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中国研修 

2012年06月20日

放物線

心配した台風4号ですが、こちらはほとんど大丈夫でした

今日のお客様は問題なく来れてよかったです

でもまたすぐ5号がきてるようで・・・


ところで今日のお客様

頸椎の脊柱管狭窄症の方

お歳は70歳半ば

2カ月前に来店され、漢方薬3種類

二週間分のお薬でもう治ってしもた  って (^_^;)


確かに頸椎や腰椎の脊柱管狭窄症は非常に漢方薬が得意とするところ

2週間で症状がほとんど良くなることはありますが

2週間でそれが治ってしまうことはありませんね

糸練功の合数があがるまで、しっかりのんでいただくようにお話ししました


で、続けて漢方薬を飲んで頂いています


今日

頭がぼけてきて~ 認知症かもしれん・・・  

えっ?

お話しを聞いていると

放物線の方程式が思い出せん  って


えっ?

ほ、 ほ、 ほうぶつせん  ですかぁ?


・・・・ (@_@;) 



(冗談で言われたんでなく、結構真面目にね)



あの~、私 

放物線の方程式、思い出せないどころか

元々頭に入ってないかも・・・ (^_^;)

もちろん、中学校(高校?)のときは

一時的には頭に入ってたと思いますけど・・・



放物線の方程式を使うお仕事をされてたのですか?


いやぁ、農業や  って 



それは普通のことで、認知症の心配はいらんと思いますけど・・・


私のお客様

楽しい方 多いです



※ 放物線の方程式は,中学校と高校数学Iで2次関数のグラフとして習う.
    中学校3年 : y=ax2
    高校数学I : y=ax2+bx+c
  だそうです

ウイキで調べてみたら余計にわからなくなりましたわ・・・(^_^;)


放物線


頭痛が・・・


サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち



daizoblog at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2012年06月19日

台風

台風が直撃するという予報

予約の方からお電話で

もう少し早められませんか?



ということで



申し訳ありませんが

店は早じまい


家に帰って、おとなしくしますね


被害がありませんように・・・






daizoblog at 19:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常 

2012年06月17日

高地トレーニング

マジで死ぬほど苦しい体験だった高山病


なのですが

一昨年の九寨溝、黄龍はまたまた標高3000m越え

二度と、というか絶対イヤです

あの苦しみは


ということで

行くまでに高地トレーニングすることにしました

ネットで調べて

あるんですねぇ

登山者や山岳トレッキングとかする人のためにね

ネットでみてると少なくとも2,3週前から2,3日に一回すると良いって


高地と同じような低酸素の部屋をつくって、そこで体を慣れさせる

昔ありましたね、駅前留学 ならぬ 駅前登山 みたいなものです


旅行社がやってるのですが

行きましたよ


最初説明受けて

どちらへいかれるのですか?

九寨溝 です

ん?要りますかねぇ?



で、シャングリラでどんなひどい目に遭ったかを

話しましたよ


話してる途中に

男のお客さんが二人連れで入ってきました

ヒゲ生やして、大きなリュックに登山靴

まさにTVで見る登山者そのもの


おかえりなさ~い  って

そうなのね


ここはその筋の人の出入りするところなのね

私は若干、場違い・・・か


でもあの苦しさには変えられません

お願いしますということで

係の人 九寨溝レベルでしたら2回もすれば大丈夫でしょ

私 いや5回ぐらいするつもりできてるんですけど

そうですか、まあそこまでしなくても大丈夫だと思いますけど・・・

できるだけお願いします 



まず、低酸素ルームに入って、

低酸素のガスマスクみたいなのかぶって

イスに座って30分、読書でもしてます

次に歩行器で30分

酸素濃度、心拍数 測りながら・・・


一時間程ですむのですが


結局4回通って、高度4000mぐらいまでの

トレーニングをしました


その甲斐あって

九寨溝、黄龍 では

無事高山病になることなく、快適に過ごせましたよ



次の年、サト先生

何の準備もせず行ったのですが

全然大丈夫だったみたい

他のメンバーもみんな特に問題なかったようで・・・




私の高地トレーニングは

いったい・・・


南京研修_9999_2

シャングリラの高山病ホテル(^_^;)






サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち





daizoblog at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中国研修 

2012年06月16日

高山病

ところで

中国で高山病になりました

あれは4年前、香格里拉(シャングリラ)へ行った時

空港がすでに標高3200m越え

おまけ前日は昆明(よく陸上の選手とかが高地トレーニングするとこね)

のホテルに泊りだったのですが、

飛行機の都合で睡眠が3時間ぐらい


シャングリラでのバスのガイドさんからは

走ったりしないように、あまり騒いでもだめですよ

ってちゃんと注意受けてました


でも、そんなこと経験ないから

守るはずないし 

ってことで

3500m以上の草原でハイキング

結構、騒ぎながら早歩きしたり



1時間ぐらいしたら

アレっ?

あーん?

ちょっとおかしいぞ


もうしばらく

・・・・

ん これ、だいぶんおかしい


どころじゃなくなって


1本500円でかった酸素ボンベ 吸いっぱなし

でも全く良くなりません


そして



完全ダウン

ダウンというレベルじゃありません

ホテルに入って

もちろんシャングリラのホテルなので、標高はそのまま


1~2時間ごとに 吐き下し 

冗談じゃありません

少し寝て、目が覚めたら 吐き

そしてまた少し寝て・・・

一晩中です 

マジでもう日本に帰れないと思いました。

ツアーのみんなともお別れだと

でも、どうこの先どうしたらえいいの~?


でもそんなことゆっくり考えてるヒマもないぐらい苦しい


同室の先生に

「先生、ごめんなさい ボクもうだめです・・・」

と言ったか言わないか・・・


それでもなんとか

針してもらったり、漢方薬飲んだりで

次の日の朝

元気な人はバスでシャングリラ観光

私はもちろんホテルでそのままダウン

ツアーバスは観光が終わり

シャングリラから次の目的地へ

そのバスに乗るのに途中までタクシーで送ってもらい

バスに乗って

小一時間

標高がどんどんさがってきます

すると


あれ? あれ?

あれ~~~?

全然なんともない


ん?

マジ?

次の目的地は麗江(標高2400mぐらい)

全く問題ありません

ということで

元気で日本にも帰ってこれましたよ


初めての高山病体験でした

あれ、マジであのまま何日もあそこにいたら

ほんとに命が危なかったでしょう


お陰で中国行って3kgぐらいやせましたよ

高山病ダイエット

なんて、マジ冗談じゃありませんから


南京研修_9999_8

香格里拉空港





サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち




daizoblog at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中国研修 

2012年06月15日

九寨溝

ところで九寨溝のホテル

五つ☆ シェラトン!


日本人ばっかり・・・

というか日本の観光客はほとんどここに泊るらしい


九寨溝の観光を終え、心地よい疲れでホテルにチェックイン

ホテル入口ではチベットの少数民族の人たちが

民族音楽で出迎えてくれました


中に入ると

フロントの横に 

美しい女性

なんと白人

ヨーロッパ系です、きっとね


私、ちょうどがまんしていたので

その女性のところへ行って

トイ ポ チー  チン ウェン

シーショーチェン ツァイ ナール?

(すみません、お聞きしたいのですが

 トイレはどこにありますか?)


美人の白人女性

ちょっと困ったような顏して


アイムソーリー

アイ キャント スピーク チャイニーズ  ・・・

って


えっ!マジ?

こっちは一生懸命(無理して)中国語でしゃべってるのに

ホテルのレディーが

中国語しゃべれんとは 

それもシェラトンよ





トイレ どこ?

って聞いたら通じましたよ


なんのこっちゃい


まあ、その美しさに免じて

許しましょう (^_^;)



でも、良く考えたら

中国人はシェラトンにはあまり泊らないかもしれませんね


ということで

九寨溝はすべてが美しい・・・



ちゃんちゃん


ショー

ショーも美しい・・・


サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち







daizoblog at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)中国研修