2012年08月03日

2012年08月03日

薬用植物園

北海道の生薬研修では

北海道医療大学薬学部へ行ってきました

ここにはとっても充実した薬用植物の付帯施設があります

薬用植物園は栽培園と温室があり620種の薬用植物が栽培され、

圧巻は

隣接する保安林のひと山全部、北方系生態観察園として薬用植物が生育しいているのです。


まあ、早い話、学校の裏山全部が薬用植物園になってるようなもの


観察はそれなりの山歩きでした


大学の校舎と薬用植物園が結構離れたところにある薬学部は多いのですが

ここは裏山ですから

この身近さが大事なんですよね



それに北方系伝統薬物研究センターも作られていて

生薬の研究、勉強には素晴らしい環境でした


正直なところ、私の学生時代はあまり生薬学には興味はなかったのですが

今、漢方の仕事をしていると、こんな環境で勉強してたら、どんなに良かったか・・・


なんて

学生さんがうらやましくなりますね



子供の通う大学も結構大きな薬用植物園を持ってるそうなんですが

学生の間に、どれだけそこで勉強するのでしょう・・・??




机上や部屋の中での生薬や漢方の勉強では全くできない

薬用植物を土ともどもに感じる・・・

本当に良い研修でした


観察山

裏山の北方系生態観察園




センター内

北方系伝統薬物研究センターでお勉強



北海道医療大学

生態観察園からみた大学全貌



サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち





daizoblog at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日常