2018年10月

2018年10月13日

生薬の質

我々漢方家は料理家と共通するところがあります


漢方薬はいくつかの生薬を配合して処方が成り立って

いるため、その生薬の品質が非常に大切です

良くない品質の生薬を使うと、効果が落ちるばかりか、

悪くすると副作用が出ることも・・・


例えば、桂皮は

輪切りにした時、幹の白い所ができるだけ少ないものが良く

新しいものの方が良品です

味は、噛むと甘く、渋みが無く、辛味が強く、

芳香性の強いものが良品です

さらに良品の中でも患者さんや処方に合わせて

使い分けて行く必要があります

桂皮でもベトナム桂皮は味が濃く、温める作用が強いです

広南桂皮は比べると味は薄く、発表作用が強いです


目で見て、臭いをかいで、触って、口に入れて・・・

五感で感じて確認しないといけません


漢方エキス顆粒剤の普及により漢方が身近に飲めるように

なりましたが、漢方薬による副作用情報が出ることも

以前より多くなりました。


その多くの原因は

誤治(あやまった治療=漢方の選び間違い)ですが、

中には生薬の質の悪さから来ているものも少なくない

と思います


メーカーさんのエキス顆粒剤は既に出来上がってしまっているため

生薬をこちらが選ぶことは出来ませんが

できるだけ処方ごとにメーカーは選びます


煎じ薬の場合はできるだけ生薬の品質にこだわります

生薬の産地、栽培法等によって品質の違いが出ます

患者さんの状態に合うレシピを選び

こだわった生薬で調合し

それを煮出したスープをのんで

健康を取り戻して頂くのです



ごめんなさい

煮だしたスープはあまり美味しくはありません・・・

DSC_0335


サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 専門相談
  ⇒ 10月26日(金)、27日(土)
         11月9日(金)、10日(土)






daizoblog at 20:30|Permalink 漢方のおはなし | お薬アレコレ

2018年10月05日

亳州 番外編その2

一昨年、亳州(ハクシュウ) の生薬市場へ行った時ですが

初めて中国の新幹線に乗りました


IMG_0374

IMG_0373


上海から合肥まで 

確か2~3時間だったか??

以前、大きな事故もありましたね

若干心配しつつ・・・・


でも、中国へ行くのに交通機関の心配してたら

どっこも行けないですね


当然時速300km越えです


でも、日本で新幹線に乗る感覚でいたら



・・・ 


ちょっと違いました


出発時刻間際で改札が開かれ

キップは改札でチョキンと切ってもらい

土地が広いからか駅もだだっ広い

ぞろぞろ人が乗り込んで無事出発って感じ??・・・(・。・;



良く言われてる通り

自分の指定席にはすでに見知らぬ方が座って

席を暖めておいてくれます     

  藤吉郎ご苦労 って・・・

(もちろんみんなじゃないですよ、そういうこともあるってことね)


大きな国土を走るから日本と違ってほとんど真っすぐ

あまり曲がらないから走行は快適でした



中国の新幹線乗ってから

つくづく思うのですが

京都駅とか、名古屋駅で乗換待ちしていると

ホームの両サイドに

数分おきに

のぞみ、ひかり、こだま・・・

ジャンジャン来ます

別に今まで何とも思ってなかったことなんですが・・・

これって  ス ゴ イ ッ  

いったい線路上には何本の新幹線が走ってるの??

どうやって管理されてるんだろう!?

日本人の几帳面さが作り上げた技術の結晶でしょうねぇ



何かの記事で見たか、読んだか・・・

うちら田舎もんには縁がありませんが

東京の電車なんか2~3分おきに来ますよね

ヨーロッパの人がそれ見て

そんなに電車すぐ来るなら、時刻表いらんやろ! 

って言ったそうです



イヤイヤ、あまりに正確な時刻表通りだから

なせるワザ・・・


くまもんみずほ1


サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 専門相談
  ⇒ 10月26日(金)、27日(土)
         11月9日(金)、10日(土)




daizoblog at 23:30|Permalink 中国研修 | 日常