中国生薬市場 ~亳州(ハクシュウ)~中国生薬市場 ~成都~

2018年06月08日

スタッフミーティング

今日は少しスタッフミーテイング

最近できてなかったのですが

スタッフが4人そろって、私も空いてる時間って、
あまりなくって・・・

サト先生は留守ですけど

〇〇の居ぬ間に洗濯

ってウソウソ・・・(^_^;)


今日は漢方医学のイロハのイ

漢方は人や病気を選ぶものではなく

どんな人、どんな病気、どんな症状でも

それに合わせて選ぶもの、作るもの・・・

という話から

異病同治、同病異治 の話

そして

桂枝湯から

桂枝加桂湯、桂枝加芍薬湯、桂枝去芍薬湯 

小建中湯・・・

生薬の量の違いで処方の効き方が変わる・・・

そんな話を



今までサト先生が中医学の基礎の五臓論や子宝漢方に
関する事などは勉強会でやってきたのですが

もっと根本的な漢方医学の考え方の話はしていなかったので・・・


うちのスタッフはお店の性質上、普段の業務から得る知識が
ちょっと専門的

過ぎるかも・・・   (^_^;)


広南桂皮とベトナム桂皮の違い、熟地黄と乾地黄の違い

白人参と竹節人参の違い、山梔子と水梔子の違い・・・

とか

生薬の質の見極め方・・・ 


うちでは当然のことですが

普通の薬局のスタッフではまず知らないことに変に詳しい・・・

桂枝湯の加味方の話なんかもそこそこわかってくれます 


一番新しいスタッフでももう2年半になりました



みんな明るくって本当にいい子ばかりです

(あっ、子って失礼か、僕より年配の方も・・・ 



サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち



daizoblog at 21:00│ 日常 | お店のアレコレ
中国生薬市場 ~亳州(ハクシュウ)~中国生薬市場 ~成都~