東京へたち吉

2018年12月06日

明治維新

と大層なお題目ですが…(^_^;)

大河ドラマの西郷どんを見ながら

「この明治維新によって漢方医学が断絶の危機に…」

っとサト先生

維新がどうのこうのなんて、そんな大それた思いは
全くありません

が、

明治維新で政府はどんどんと西洋式を取り入れて

伝統的な日本のものは排除され…

漢方医学もそう

明治7年~、政府は医業を西洋医学のみと制定

それから時の漢方医は漢方存続のために色々努力しますが

結局、明治28年、漢医継続願が国会で否決され

漢方は暗黒の時代へと~


江戸時代より漢方を生業としていた医家にとって

版籍奉還、廃藩置県、徴兵令、廃刀令~などの政策によって
没落させられていった武士と共通するものがありますね

そして、西郷どんの西南戦争が明治10年なので

本当に西洋色に染まらされていった日本の歴史です


しかしながら

私の曽祖父、竹内五左衛門は薬剤師第一号免状を受けました

免状によると、試験は明治21年

薬剤師名簿に第1号として登録されたのが明治26年

その頃の試験はどんなだったのかはわかりませんが

第1号として登録されたのは明治政府のお陰と言えば

お陰です


ところで

五左衛門の名は歴代襲名で

薬剤師第一号の曽祖父は第22代

私の父が第24代になります

初代は賤ケ岳合戦で柴田勝家の与力として戦い、

没した拝郷五左衛門久光(家嘉)


なので


私は武士の息子です


でなかった

私は武士の息子の息子の息子の………の息子です

IMG_1643



サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど
専門相談
 ⇒
12月14日(金)、15日(土)      
平成31年1月11日(金)、12日(土)



daizoblog at 23:30│ 漢方のおはなし | 家族ネタ
東京へたち吉