たち吉年末年始

2018年12月14日

大工さん

母屋

先日、母屋リフォームの設計士の松井さんと

話していたら、ちょうどこの話を…


松井さんと話す度に、日本の建築の歴史と

日本の漢方の歴史が重なることを感じます



色々話していたら、大工さんの話題に…

建築の世界も、明治維新の岩倉使節団で

ヨーロッパの建築を見てきて

西洋はすごい!!

ってなり、早速日本にも取り入れようと…


で、帰ってきた使節団の人が言うには

向こうは(ヨーロッパ)はすごいです

石灰の粉を水に溶かして、それで壁を作ってるんです!!

って

それを聞いた大工さん

何をゆうてんのや

漆喰の壁がまさにそれやないかい って…


明治政府は全国に建築の大学を作って

西洋式建築を学ばせて、建築士を育てる政策をとりました

最初は大学の教授にも大工の棟梁さんがいたそうですが

3か月で辞めちゃったそう

全く日本建築の大工用語が通じなくって

やってられんわ~  って

で、それから今でも建築関係の大学では

ほとんど大工的な事は学べない

そんな話を松井さんと…


ほんと、漢方の世界と全く同じなんですね~

大工さんも漢方家も

自分で学ぶことが一番大事、そして経験…


どちらも匠の技です


えっ?

なんで今、大工さんの話をしたかって?

そりゃ~


やっぱり年末は だいく に限るでしょう 


(^^♪





お後がよろしいようで…


第九です
第九



サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど
専門相談
 ⇒
12月14日(金)、15日(土)      
平成31年1月11日(金)、12日(土)




daizoblog at 20:30│ 日常 | 本陣のこと
たち吉年末年始