腰痛・坐骨神経痛

2011年04月12日

腰痛がよくなる

この度、主婦の友社より発行された

「腰痛がよくなる!ガイドブック」 / 腰痛ドットコム公式本 
                         (主婦の友生活シリーズ)

に当薬局が紹介されました。




整体・鍼灸院が多く、薬局はほとんど紹介されてないのですが・・・



それと当店のお客様の声も掲載されています

掲載は編集社におまかせくださいとのことで、

急に以来され、10名ぐらいのお客様にお願いしました。

お声をいただいたお客様には、誠にありがとうございましたm(__)m

せっかくお声をいただきながら、掲載されなかったお客様には申し訳ありません。

お店では皆様にご覧いただけるようにしていますので見てくださませ

(お名前は匿名です)


サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち

daizoblog at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月21日

漢方は柔軟に・・・

このところ、新規の御相談は腰痛の方が多いです。

良くなっていただいた方からご紹介いただけることが多く・・・m(__)m

数年前も、すごく腰痛の方が多かったことがありました。

そのころとの違いは、私の使う漢方薬が違っています。

もちろん特別変わった漢方薬を使うといったわけでは全くありません。

基本的に私が使うのは古方漢方の処方です。

話は中医学的な説明ですることが多いのですけどネ。

以前とは、処方の組合せが少し変わりました。

腰痛というとお決まりの処方で対処することが多く、それでも結構良くなっていただいていました。

でも、その中になかなか良くなっていただけない方がおられたんですよね。

そこそこ長く通っていただいているのに・・・

当時私は少し、頭が硬かったのでしょう。

理論的に考えて、こんな組み合わせはおかしいだろう  とか

これで良くなるハズなのに・・・

なんて



もっと柔軟に考え、処方を使うようになったら

以前なら良くなってもらえなかったであろう方も、良くなるようになりました。

(やっぱり柔軟に考えることが一番ですよね、サト先生!)



最近、そのころ良くできなかった方に申し訳なかったなあ・・・m(__)m

と思います。

またお越しいただけると、今度は良くできると思うのですけどね。

お客様とは一期一会ですから、出会いを大切にがんばります。






ec86dc88.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


サト先生のブログはこちら → レガート日記たまごの気持ち





≪パートさん募集中です≫


?月~金曜 午後3時~8時 の間で応談

?土曜日 
   午前10時~午後8時の間で応談

?冬休み、春休み、夏休み期間中(月~土)
   午前10時~午後8時の間で応談


お仕事は店舗業務の補助全般です。
 

特別な資格は何も要りません

明るい方、人と話すのが嫌いじゃない方

接客業が好きな方・・・


東洋医学の知識を自然に身につけることができますよ。

連絡くださいネ!!



at 20:00|Permalink

2008年03月27日

効きすぎて恐い?

先日おみえになったGさん。

坐骨神経痛と股関節にも異常があるようで、夜に太ももがうずいて痛いとのことです。

実はこの方、昨年も同じ症状で一度来られました。

その時、漢方薬を2週間分のんでいただきました。

2週間後連絡があり、痛みがすっかりなくなったのだけど、こんなに効く漢方薬は恐いとの理由で、その後はのまれなかったのです困った

今回も糸練功で確認すると、全く同じ漢方薬です。
また2週間お飲みいただき、この先のこともお話しました。

たまに、Gさんに似たようなことをおっしゃることはあります。

特に痛みの場合は、長年の苦しみが2週間ほどで症状が消えてしまう(数回で消えることもありますが)ことがあるのですよね。

でも、いくら症状が消えても糸練功の合数は2週間程度なら1~2合ぐらいの上昇だと思います。

経気の流れはまだまだ改善しないといけないのです。

早くて3か月~6か月ぐらいは覚悟していただきたいですね。

でないと、きっとまたすぐに悪くなって、痛みが出てくると思うからです。

せっかく漢方薬で楽になっても、すぐ悪くなっては何にもなりません。

糸練功の合数と症状の改善は比例しないこともよくあります。

Gさんのように合数の少しの上昇で、症状が劇的に改善することもあれば

合数が結構上昇しても、症状の改善が追い付いていかないこともあります。

もちろんいつまでたっても症状が改善されない場合は、お薬の選定に問題があるのですが、

異常信号を確実にとらえ処方を選び、合数チェックがしっかりとできて継続していただければ、症状はまず改善していきます。

どうか少し気長にお付き合いくださいませ。




0981a09d.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


サト先生のブログはこちら → レガート日記たまごの気持ち






at 11:00|Permalink

2008年02月27日

漢方薬をやめて下さい?

お越しになってもあまりお話にならないNさん。

うちに来られるようになって数か月がたちました。

むすっとしておられる感じで(失礼(^_^;)、漢方薬が効いてないからご機嫌があまり良くないのかなと最初は思っていたのですが、そうではありませんでした。

「お変わりはありますか?」  お聞きすると

「楽な」
    
一言です(-.-)

それからも結構こんな感じで数か月・・・

一時、ほぼよくなって漢方薬もやめてもらいかけたのですが、

少し無理され、痛みが少し出たので続けていただいています。

結構色んな方を紹介していただいているのですが、

ご紹介でお越しになられたお客様のうち、現在漢方薬をやめておられる方があります。

なんでも接骨院に通っておられ、漢方薬を飲み始めたことを言ったら、通っている間は漢方薬をやめて下さいといわれたとのことなのです。

Nさんもそのことをご存じで、大そうお怒りです。

「そんなばかなことがあるか!!

そんなところやめろっ!」

ていってるんやとのことでした。

いつも物静かなNさんが、結構力いれてお話になったのです。

このことは以前にもブログで書いたことあると思うのですが、

良くあることです。

お医者さんからもありますし、接骨院さんや、整体さん、鍼灸さん・・・

漢方薬をやめてくれっと言われる方があるのですよね。

以前は私もそのことにとても腹を立てていたのですが、今は慣れました。

また、やめて下さいって言われて、やめられるのは、私がまだまだそれだけ信用されてないことの証ですし、効き目がもうひとつだからかもしれませんから・・・悲しい

でもね
本当に一番大事なことは、患者さんができるだけ早く良くなってくれることですから、西洋医学も東洋医学も、色んな代替医療も、それぞれの長所を補完し合ってよりよい治療ができればいいと思うのですけどね。

前にも言いましたけど

漢方薬をやめさせるのなら、必ずその方を良くしてあげてください!

何が効いたかわからないからやめてもらうなんて言うのは、

ハッキリ言って医療者側のエゴですよ。

つらい症状に苦しむ患者さんにとっては、
漢方でも新薬でも整体でもハリでも、祈祷でも、宗教でもなんだっていいのです。
本当に治るのなら・・・!


病を治すのではなく、患者さんを治せるようにがんばろうと思います。




9e97a705.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします

at 19:37|Permalink

2007年08月11日

良くなりブッチ・・・じゃなかった!

症状が良くなり、勝手に薬をやめられたのだとおもっていた腰痛のYさん。

本当はもっと大変なことが起こっていたのです。困った

旅行で階段1000段昇れたのは良かったのですが・・・(いやそれがすべての元だったのです)

その数日後に、全く動けなくなってしまわれたのです。

漢方薬も無くなり・・・

病院まで奥様にかかえてもらって行ったとのこと。

しかし病院からは痛み止めと胃薬が出されただけだったようです。

それから一週間して、電話がありました。

「なんとかならないか?まだ動けない」

奥様が来られました。

本人が来れないので、奥様に協力してもらって遠隔診。
筋肉の緊張も強く、漢方薬は3種類必要です。

奥様にもお薬のことや状態のことを説明して、ちゃんと飲んでもらうようにお話しました。

2週間後、自分で来店いただくことができました。

7月の終わりごろ、もうほとんど痛みはないとのことでしたが、まだ安心できるまでの合数の改善ではないため、ここでやめたらだめですよ、ここで無理したらだめですよ!って言ったら、

Yさん、目が変わりました。

「もう絶対無理せんわ!」

よっぽど動けなくなってしまったのが堪えたのでしょうね。
あれからお薬もしっかり忘れず飲んでおられます。

でもあのとき電話したらよかったなあ。
反省m(__)m。



誠に申し訳ありません。
明日12日から14日までお盆休みいただきますね。
送りもできませんので、何卒ご了承くださいませ。
また15日(水)から平常どおりです。



5c97e6f8.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします



at 19:30|Permalink

2007年06月13日

満員電車

 昨日お越しのSさんとは長いおつきあいになりました。
昨年の1月からですので一年半になります。

椎間板ヘルニアからの坐骨神経痛で、痛みがあり長く歩けないという状態でした。電車でお越しのため、駅から当店までの数百メートルを歩いてくるのも大変で、休憩をしないと来れないとのこと。
私の母とあまり変わらないお歳の女性なのですが、週に数回、彦根までお仕事に通われています。そのお仕事がまた腰に負担がかかるようで・・・。

長い距離が歩けず、数百メートルいっては休み、数百メートルいって休み・・という状態を間欠歩行といい、脊柱間狭窄症の代表的な症状です。
Sさんは糸錬功で確認すると腰椎の2番~5番まで異常が出ており、長年の無理な体勢でのお仕事がうかがわれました。
漢方薬をお飲みいただき、6ヶ月目に駅からうちまで休憩せずに来ることができるようになりました。

結局、坐骨神経痛以外にも変形性関節症からのひざ痛、また手指の痛みが出てきたり、良性の腫瘍様の異常信号が出たり、皮膚真菌症がでたりと、結局一年半のお付き合いになっています。
現在は、どれだけでも歩けるということはないですが、痛み等はほとんどなく、とてもよい状態になっています。

 昨日の会話、SさんはJRの混雑にかなりご不満のようで、学生がとても多くて席に座れないとのこと。私も初めて聞いたのですが、朝の電車は満員で駅員さんがお客さんを押して扉を閉めるそうですね!
えーっ!都会の電車のことじゃなく、こんな田舎の北陸線で電車びっくり
知らんかった・・・。
直流化され時間帯によっては1両や2両運転になったため混雑がきつくなったのですね。
で、Sさんに言わせると、県立高校が2年前から全県一区制になって、湖北の学生も長浜で止まっていたのが、たくさん彦根以南に通われるようになったのも原因だとか・・・。以前は虎姫、長浜でどっと少なくなったのが、

「彦根まで一緒なの怒りびっくり

「学校は家から近いのが一番いいの!!何でそんな遠くまで通うのよ!!怒り怒り

お怒りです・・・。

それからひとしきり、高校生のスカートの丈の短いことなど、色々と手厳しいお話をされてお帰りになられました。

以前は、お体の不調のことや、年とるとあかんあかんとのお話が多かったのですが、昨日は自分のことではないお話が多く、これも調子が良くなったからかもネ・・・笑顔

最後に・・・

Sさん ごめんなさい、うちのお嬢も彦根まで通ってますm(__)m


d7339837.jpg
850cfd9f.jpg
  151476fa.jpg













73f2d067.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします

at 15:33|Permalink

2007年06月12日

うーん・・・

たまにお客様の中には予約をブッチされる方がおられます。
中にはもちろん日にちを間違えていたり、忘れていたり・・・と
これは誰にでもありますよね。
まあしょうがないか・・・^_^;  なのですが

私のお客様の中にはわざとというか、自分の意思で来られない方があるようです。
この中には二つのタイプの方がおられて

一つは、漢方薬が思ったような効果が出なかったとき
これは全く申し訳ありません。あまり何回も来られて効果がでないとえーかげん嫌になりますよねネ。反省・・・m(__)m
効かんからやめるって言っていただければ良いですよ。落ち込み

もう一つは逆です。効果が出てやめてしまわれるのです。
昨日のYさんはどうもそれっぽい・・・。
元々10年以上前からの腰痛もちだった方です。
一ヶ月ぐらい寝込んだこともあり、あちこち病院なども通われました。
しばらく楽だったようですが、最近また足の痛みが出てきてお越しになられました。
糸錬功で確認すると、第4腰椎に異常が見られ、足のスネまで来ています。
漢方薬は散寒去湿と健脾利水のの働きのある2剤を飲んでいただきました。

2週間後お越しになったとき
半分ぐらい飲んだら楽になった
旅行へいって階段1000段昇ったら少し痛みが出たけど大丈夫 とのこと。

症状は確かにとても改善していただけたようですが、糸錬功の合数はまだ1.5合、3.0合です。まだまだ漢方薬を続けないとすぐまた痛み出してしまうレベルです。
実は2回目の時、そんな感じがして、まだ続けないといけないことを念を押しておいたのですが、昨日はお越しになりませんでした。悲しい
ご予約の時間でも来られないときはこちらから電話するときもありますが、できないときも結構あります。

実は昨日、こんな方もありました。
同じく坐骨神経痛のSさん、
漢方薬のんでると調子良かったのでやめたけど、また痛くなってきたからと、4ヶ月ぶりです。
カルテをみてみると確かに途中でやめておられます。

特に腰痛や坐骨神経痛、変形性膝関節症からの痛みは漢方薬が得意な分野です。また漢方薬は良くなってやめることもできたり、やめられなくても予防のため、飲む回数や飲む量を減らすことができます。
でも良くなる途中でやめてしまうと、悪くなるのが早いのです。
減らす、やめるタイミングは大事なのです。
お薬はできるだけ減らせるように努めてますので、
「勝手に良くなりブッチ」^_^;はさけてほしいなあ・・・。
笑顔





f04541c5.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします





at 11:30|Permalink