皮膚病

2007年06月28日

頭部の皮膚病

Aさんは5ヶ月前から来店です。
頭部の脂漏性湿疹で、3年前から症状が出たり、治まったりの繰り返しです。
ここ一年半ぐらいは医院よりステロイドのローションを処方され、使われていました。

見てみると、前頭部に頭全体の3分の1ぐらいの広範囲で赤みがかった皮膚炎があり、その上一面に脂漏からくる鱗屑と痂皮(かさぶた)がこってりとついています。
典型的な脂漏性湿疹です。

Aさんはお若く健康そうな方ですが、ストレスが胃腸にくるとのことでした。
脂っこいものをひかえてもらうこと、特にスナック菓子などは良くないこと、また緑の野菜を積極的に摂るようにしてもらうことをお話しました。
そして糸錬功で確認して清熱・補血・活血の働きのある漢方薬をお飲みいただきました。

2ヶ月ぐらいしたときですが、養生指導が足りなかったのか、糸錬功の合数は順調に改善しているのですが、
頭部の皮膚に厚さ3~4ミリはあろうかというぐらいの鱗屑と痂皮がべったり張り付いています困った

お聞きしてみるとシャンプーを週一回ぐらいしかしてないとか・・・(-_-;)
シャンプーのときかさぶたと髪の毛がかたまって、ごぼっと抜けてしまうため、シャンプーをひかえられたそうですね。
早速、お風呂に行く前にベビーオイルをつけ、シャンプーを毎日してもらうようにしました。

現在5ヶ月めになりますが、ほんのわずかに紅班がある程度で、ほとんど他の皮膚と変わらないぐらいに改善しております。

皮膚病があると洗うのを控える方が良くありますが、逆効果です。
皮膚は汗や脂、汚れを落として清潔にしないと治りにくくなるばかりか、二次感染など他の皮膚病ができてしまうこともあります。
Aさんの場合は、ごってりとかさぶたが覆ってしまって、頭皮が窒息状態になってしまっていました。悲しい
これではよけい髪の毛も抜けてしまいますよね。




9c797669.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします

at 12:07|Permalink

2007年06月19日

本当の素肌美人

 Nさんは、80歳になるおばあちゃんです。

ちょうど1年前からお腹の皮膚病でお越しです。
ずっと継続ではなくて、たまにお越しになるという感じでした。
漢方薬を一ヶ月ぐらい飲んで良くなるとやめ、またしばらくして皮膚病が出てくると電話を下さり漢方薬を飲むという具合です。

途中、腰痛を起こされましたが、漢方薬一ヶ月の服用で治ってしまったようで、今では腰痛を起こされたこともお忘れみたい・・・^_^;

実はNさん、拡張型心筋症という大変な難病をお持ちなのです。

これは心臓の筋肉の収縮が極めて悪くなり、心臓が拡張してしまう病気で、国から難病(特定疾患)指定されています。ある研究データによると、診断されてからの10年生存率は22パーセントとも言われており、予後不良の病気です。最近ではこの病気の5歳ぐらいの女の子を救うため、外国での手術費用をネットで募金して一億円以上集まり話題になりました。

Nさんのお母さんも若くしてこの病気でお亡くなり、娘さまにいたっては高校生の頃にお亡くなりになってしまったのです。
Nさんも若い頃に診断され、60歳までは生きられないだろうと宣告されました。
しかし現在プラス20年!!

でもでも見かけはそんな難病を抱えてられるようには全く見えません。というよりも、とても80歳には見えない、かわいい方(失礼!m(__)m)です。
お顔はつやつや、ほんのり赤みもあってとても健康そうです。なんと今まで一度もお化粧をされたことがない!!素肌美人なのです。
お腹の皮膚病も治りがそこそこ早いですね。

私の相談は漢方薬を1~2週間ごとに作って、お越しいただくのですが、Nさんにはあまり来てくださいとはいえません。
ご病気のため医者からは車に乗るのも禁止されているのです。
でも病院へ行くのも、うちにこられるのも、車を自分で運転してこられるのです困った
(80歳という年齢だけでも運転されることが(@_@;)!)

そんなNさんの健康の秘訣は
「料理は毎日30品目以上必ず使うびっくり
事だそうです。お味噌汁の具も5~6品いれるそうな。

恐れ入りますネ。

人間の体は食べたもので作られる。
食事がなによりも大切ということをまさに身をもって示していて下さいます。
昨日も薬全部のむまで生きてるやろか?って元気に車でお帰りでしたよ。

Nさん、冗談飛ばしても、車は飛ばさないようにネ!(^_^)/~





99077277.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


at 00:55|Permalink