夏の漢方薬

2008年07月22日

くやし涙

またまた更新していなかったので、数人のお客様より指摘を受け・・・

申し訳ありません、気まぐれなもので、どうかお許しくださいませm(__)m。

でも

あっついですね~!!

連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。


私は日曜日、大阪へ伝統漢方研究会の勉強会。

はずせない勉強会、糸練功の漢方勉強会です。


そして月曜日は、おぼっちゃまのバスケットボールの中体連、夏のブロック大会に応援に行ってきました。

実は私もサト先生もクラブのバスケの試合は今まで一度も応援にいったことがありません。

バスケ部は春の廃部問題や顧問の先生が変わったり、色々ありました。

そして、なんと今まで公式戦は一回も勝ったことがないのです(^_^;)

おぼっちゃまは今年中3なので、これが中学校最後の大会です。

そんな中で、ちょうど運良く一回戦が祝日

行ってきましたよ

サト先生ら母親応援団、黄色い声援、がんばってました!

e0cf13e6.jpg















結果は



1ゴール差で、惜しくも、本当に惜しくも

負けてしまいました(T_T)


しかし、本当によく頑張りました、みんなうまくなりました。

一時は、対戦相手だった中学にはダブルスコア(ん?トリプルかも・・)で負けてましたから・・・


試合後は、みんな本当にくやし涙・・・

親も生徒もね

よその学校の人が見たら一回戦で負けて泣く親って??

と思われたかもしれませんが

それだけ本当に熱かった試合です。

きっとこのくやしさは忘れないでしょうネ

それでいいと思います。

本当のトップアスリートでもない限り、負けて悔いなしなんて

私はないと思います。

優勝者以外はみんなくやしい思いなんですよね。

そのくやしさが、次のやる気になるのでしょうからネ

013ec89a.jpg



ハーフタイムに3年生レギュラーをうちわで扇ぐ1年生

総部員数5人だったこともあるバスケ部
そのことを思うと、すごい光景です










で、話はここで終わらず

おぼっちゃま

最終ピリオドで、接触して左耳強打!

鼓膜に穴が空いてしまいました。

試合後、みんなとくやしさを分かち合うヒマなく日赤の救急へ

幸い、あまりひどくなかったので自然治癒するでしょうとのこと。

おぼっちゃま、実は鼓膜穿孔はこれで2回目です。


ところで

日赤の救急のドクターが話されていました。

今日は熱中症ばっかりって。

皆さん、本当に気をつけて下さいね。

熱中症予防には、もちろん

麦味参顆粒ですからネ。




5c5a2ae0.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


サト先生のブログはこちら → レガート日記たまごの気持ち

at 22:40|Permalink

2008年05月29日

世間に物申すヒト

このブログをお読みの方は、正直なところサト先生ブログからのリンクで来られる方が多いです。(^_^;)

なので、滋賀県北部の方は新聞折り込みのフリーペーパー「ウオッチ」を御存じだと思います。

うちもサト先生の子宝相談の紹介が出ていますが、そのウオッチの中で、毎号楽しみにしているのが「世間に物申すヒト」のコーナーです。

結構過激なことや、変態オヤジみたいな時もありますけどネ困った


あれ、友人です。

ウオッチへの広告も、世間に物申すヒトからの紹介でした。

今度の6月号はとってもいいこと書いてますよ。


その中で

「自分のコピーロボットが3人いたら・・・」

ってありますけど、そうなんですよね。

きっと経営者なら  というより、だれでもそうなのかも知れませんが

自分がもう一人ほしい・・・

私も昔はよく思ったことがあります。

一番がんばっているのは自分だっ!!  てね。

みんな、一生懸命がんばってるのですよね。


今、もし自分がもう一人いたら・・・

ハハッ・・・うっとうしくてしょうがない(^_^;)

いらんですよ、自分がもう一人なんて、

ぞっとします!


話違いますが、

「青は藍より出でて藍より青し」

って、彼は柄にもないことわざを引用しておりますが(^_^;)

(ことわざに関しては、ウオッチをご覧下さいネ)


藍っていうと!  (宮里藍ってか笑顔

藍色の染料ですが、植物としては色んな種類があるようですね。

染料の世界で有名なのはタデ科の植物のようですが、

漢方の世界ではアブラナ科の藍が有名です。

松藍(しょうらんと読みます)ですね

そうです、漢方薬の「板藍根」(ばんらんこん)です。

抗ウイルス作用のある生薬で、もう何回もブログでも、滋賀夕刊でも紹介しています。

冬のかぜのシーズン大活躍してくれるのですが、

結構今月も使いました。

特に連休前後のかぜの方、多かったですからね(私を含め(^_^;)

ウイルスをやっつけてくれる働きなので

夏かぜ、胃腸かぜにもとってもよいのです。

特にこれからの時期のかぜは

勝湿顆粒といっしょに板藍茶を服用するのが効果的です。

是非、おうちの薬箱には常備しておいてくださいね。




9dd6cf73.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


サト先生のブログはこちら → レガート日記たまごの気持ち


at 15:47|Permalink

2007年08月15日

猛暑注意報

お盆休みをいただきありがとうございました。

サト先生がアップすると思いますが^_^;、三日間本当に良いお天気で、命の洗濯をして参りました。
上高地ではペルセウス座流星群(だと思うのですが)も見ることができましたよ笑顔

三日間、高度1000メートル以上のところにいたので、あまりむちゃに暑い思いはしなかったのですが、帰ってみたら困った

本当に暑いですね。

夜はさすがにエアコンなしでは寝られず、タイマーをかけて寝るのですが、朝は汗でぐちゃぐちゃです。
そしてまたエアコンと・・・

さすがにこれでは体のほうがついていきません。
脳の視床下部には自律神経の体温調節中枢があるのですが、外気温との差が大きいと、自律神経に変調をきたしてしまいます。

発汗がうまくできず体温調節がくるってきてしまうのをクーラー病といいますが、体のだるさや疲労感、食欲不振、頭痛、肩こり、冷え・・・夏バテの原因にもなりますよ。
よく言われるように外気温との差は5度以下にしましょうね(^・^)。

また熱中症にも要注意です。
これは命を落とすこともありますから恐いです。

熱中症の予防には上手な水分補給が大切です。
もう何度もお話していますが麦味参顆粒をお茶にとかせて飲んだり、スポーツ飲料にとかせたりすると、とても効果が良いですから、是非やってみてくださいね。

お店は平常どおり営業してますのでよろしくお願い申し上げますm(__)m。


3ba606ea.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします






at 15:50|Permalink

2007年07月07日

滋賀夕刊66回

滋賀夕刊 漢方のお話66回 アップしました。
6ee41924.jpg



今回は水分の取り方について東洋医学的な考え方を書いてます。

世間では水分はどんどん取ったほうが良いように言われてますが、だれでもどれだけでも飲んだらよいというものではありません。
体の中で代謝されない水分が体調の不良を起こすことがあります。
そんな水分を代謝するおすすめの漢方薬が勝湿顆粒です。



もちろん熱い夏場は水分は必要です。
のんでも体の中で吸収されて、ちゃんと使われないといけないですよね。

ただの水だけより少しの塩分、ミネラル分が含まれた方が吸収が良くなるものです。

お茶には焼いた梅干を一個入れる(大福茶)といいですよ
またポカリなんかは半分にミネラルウォーターで薄めたほうがいいみたい。

スポーツやグランドゴルフなど、また畑仕事などに特にお勧めしたい方法は

スポーツ飲料やお茶等500mlに対して
麦味参顆粒1包みを溶かす
 方法です。

熱中症や脱水症の予防にもなるし、元気が出て疲れもたまらなくなるで、試合の成績アップも期待できますよ!!





あ、そうそうやっと本陣薬局ホームページからダイのブログにリンクしました。
面白い雲の写真なので見てみて下さいネ笑顔




705a4f24.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします



at 17:30|Permalink