家族ネタ

2010年01月23日

追悼 ~神谷校長先生~

昨日は恩師のお葬式でした

私のではありません。

おぼっちゃまの

それもスキーのです


木之本から八草峠を越えて少し行くと

遊らんど坂内スキー場があります

そこのスキースクールの校長先生をされていた神谷さん

このスキー場はプラスノーといって斜面にプラのブラシのようなのが敷いてあり

春~秋までスキー板ですべることが出来ます。

(でも、肝腎の冬は雪不足でオープンできないことが多い・・・^^;)

おぼっちゃま小学校4年(だったか?)の夏

ちょっとのぞきに行って見ました

ちょうど大回転のレースが開催されていたのです

こんな夏の暑いときに、みんなスキーはいて、レーシングワンピを着て・・・

子供から大人まで、30人ぐらい参加して、結構にぎやかに・・・

なんじゃこりゃ、こんな世界があったのかって、

それも木之本から山越えたら すぐ ですからね

で、お坊ちゃまも早速お世話になることに・・・。

当時はジュニアの子たちも多く、長浜、大津、愛知県、三重県、遠くは神奈川からも。

熱心にジュニアたちに指導する神谷さん

それにつられ、子供たちも、その親たちも・・・

本当に熱くなりましたよ。

おぼっちゃまも小学校5~6年は、ほとんど毎週土日通ってました。


その後スキー場も色々あって神谷さんは別のスキー場へ

おぼっちゃまも中学~高校となり、指導してもらう機会はあまりなくなりました。

でも、冬になると大会の成績や調子などいつも気にしていてくれました

中2の大腿骨骨折の大怪我のときも、真っ先に電話をくれて

おぼっちゃまを励ましてくれましたね

おぼっちゃまがここまでスキーにのめりこむ原因となった、紛れもない張本人です

その証拠に当時の子たちはほとんどが今でもスキーを続けていて

全中、インハイ、国体選手になってますよ


本当に、本当に、熱い、暑い、厚い、篤い   人でした


そんな神谷さん

53歳

あまりに

早すぎます

惜しすぎます



でも

本当にありがとうございました

神谷さんとみんなで共有したあのひと時は

一生の宝物です

これからは天国というゲレンデで存分に滑ってくださいね。

心よりご冥福をお祈りいたします。

合掌

遊らんどジュニア 遊らんど坂内での一コマ




人気ブログランキングへ
ブログランキング参加しています


サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち



daizoblog at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年09月01日

NHKスペシャル

必見ですびっくりびっくり

本日午後10時から

NHKスペシャル

「首都直下地震 見逃された危機」


にサト先生の弟、カズちゃんがTVに出演します!

カズちゃんの本名は浅野憲周(あさのかずちか)

早稲田大学~東京工業大学大学院卒業

現在、 野村総合研究所システムコンサルティング部・室長

一橋大学国際・公共政策大学院客員教授

をしてます。

肩書き見ただけで\(◎o◎)/!でしょ


取材されたのはちょっと前なので、どれくらい出るのかはわかりませんが

地震大国の日本で住んでる以上

災害リスクマネジメントの観点からも是非、皆様見て下さいね!!


で、カズちゃんがでたら

この人、この人!!

サト先生の弟だって!!!

とTVの前で盛り上がりましょう!(^_^;)


番組はマジです

午後10時~ NHK総合

必見です


0f7f06c7.jpg












334b7526.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


サト先生のブログはこちら → レガート日記たまごの気持ち



at 17:27|Permalink

2009年08月27日

旧500円は使えません!

高速道路のサービスエリアで、自販機に行くといつも思い出して
笑ってしまうことがあります。

あれは、もう7~8年前(もっと前かも?)でしょうか。

家族で旅行に行った帰りでした。

サービスエリアで休憩することに。

おぼっちゃまがのどが渇いたというので、何か買ってくるように小銭を渡したのです。

しばらくして、休憩している私たちのところへ走ってきたぼっちゃま

「あかん、使えん」

「え?なんで?、ちゃんと小銭わたしたやろ?」

「でも、あかんて!」

「うそ!なんでぇ?!」

しばらく押し問答してもラチがあきません。

しょうがないので、自販機のところへ行きましたよ。

「どれがあかんて?」

「これこれ」

ぼっちゃまの指差した自販機は

「旧500円使えません」

の張り紙が。

ぼっちゃま曰く

「ぼく今日もう500円以上使ってもたから・・・」


アハハッ笑い

そうなんです


「おまえ、旧を1日って読んだのね」


そばでポカリをのんでた知らないお兄ちゃん、マジで噴きそうになってました汗

fb2766c2.jpg


でもね、自販機に1日500円使えませんって言われて

使ったらいけないと思うような純粋な頃があったのね・・・

しみじみ・・・













*実は昨年の4月に書いたものです
 過去のブログをチェックしていたら、何かの手違いか
 アップし忘れたのか・・・
 




c48fadfa.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


サト先生のブログはこちら → レガート日記たまごの気持ち





at 00:50|Permalink

2009年06月11日

胎内記憶

サト先生が不妊カウンセリング学会で買ってきた本について書いてますね。

しかし、不妊カウンセリング学会で胎内記憶や生まれる前の記憶について
講演されることもすごいことですね。


そういえば、うちのお嬢も小学生のころ

生まれる前のことを結構覚えていて、色々私に話してくれていました。

でもうちのお嬢の場合は

お空の世界から、この世に来るのが怖くて、嫌がって、なかなか降りようとしなかったそうです(-_-メ)

なんでも、長いこといやいやして駄々こねていたら

先生みたいな方がいて、えー加減、めんどくさくなったのか(^_^;)

「早く行きなさい!」って 落とされるようにこの世に降りたそうです。

で、気がつけばサト先生のお腹の中にいたそうです。


お空の世界でも世話が焼ける存在だったのでしょうかねぇ困った


お腹の中にいるときのことも、よく覚えてましたよ。

私たち夫婦の会話もよく聞こえていたそうです。

サト先生が妊娠中、ディズニーランドに行った時のこともおぼえていたなぁ


私は子供が話したことなので、覚えているのですが

お嬢本人の記憶からは今ではほとんど消えてしまっているようですけど。


本の帯に書いていたのですが、

子供にアンケートをとったら

生まれる前の記憶をもっている子は52%だったそうです。


ところで、お嬢は小さい頃、胎内記憶だけでなく

異次元の視力もあって、私らでは見えないものも見えたりしていて

ちょっとこいつ大丈夫かぁ??  なんて心配したのですが

中学生ぐらいになったらさっぱりなくなり安心しましたよ。




6b787ad1.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


サト先生のブログはこちら → レガート日記たまごの気持ち


at 18:17|Permalink

2009年04月27日

アッシーくん

金曜日の夕方、携帯にメールが

「ジャージ忘れた」

(-.-)

おぼっちゃまからのメールです。

金曜日、学校がすんだらその足で、長野まで行くことになっています。

この時期、スキー選手は来期の新しいスキー板のテストがあります。

今まで4年間お世話になったメーカーから

別のメーカーに変わることになりました。

ですから、この週末は結構重要なスキーテストです



学校(近江八幡)から電車で直接行くので、着替えのジャージを

持っていくつもりが・・・

そりゃしょーがないってメールを返信しかけたら、

またまたおぼっちゃまからメールが


「切符も忘れた!」


\(◎o◎)/!びっくりびっくり困った


な、なんと!!

やってくれます

米原~長野までの切符です

もちろん行きも帰りもセットでね(-.-)

私たちは予約の相談でどうすることもできません。


私は怒って

アホ!自分でなんとかしろ!

見捨てましたよ

でも、家まで帰ってきているともちろん電車には間に合いません。


そこでおぼっちゃま

困ったときのおじいちゃんだのみ!とばかりに

おじいちゃんに米原駅まで切符と着替えのジャージを持ってきてもらい

事なきを得たのです(^_^;)


先日は電車の乗り継ぎが悪いからって連絡受けて

お嬢を迎えに長浜にいったり・・・

おじいちゃんはお嬢とおぼっちゃまが小さい時から、

ほんとにアッシーくんとして大活躍!!です

アッシーじいちゃんありがとう笑顔(^_^;)




36fb6bc0.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


サト先生のブログはこちら → レガート日記たまごの気持ち



at 17:00|Permalink

2009年04月18日

一家団欒?

うちのお嬢とおぼっちゃまは今年、ダブル入学でした。

3年違いなので、一緒に卒業、一緒に入学です。

この春からおぼっちゃまも電車通学

お嬢と一緒の電車です

(もちろん、一緒に仲良く乗るなんてことは絶対ありませんが・・・^^;)

おぼっちゃまは早速バスケットボールに体験入部してるので

帰りが結構遅くなってます。

先日も私とサト先生よりも遅くなってました。

すると・・・

帰ってから夕食なので

なんと私たちと一緒に食べるのです!


これって、普通の家なら当たり前のことかも知れませんが

うちにとっては驚くべきできごとです。

子供が小学校や中学校のころは早く帰ってくるので

夕ごはんは先に食べています。

私らは9時より遅くなりますからね。

パートさんがいないころなんて

11時なんてざらでしたから

ほんとにたまの休みに4人そろって食事ってのはありましたが・・・

それに、冬シーズンはおぼっちゃまは家にいませんしね・・・(^_^;)


それが、今は

少し早めに帰ると

調度夕食の時間がいっしょになるのです。


子供が高校生、大学生になってから

一緒に夕ごはんを食べる   

という団欒を持てていることに

少しの違和感を感じているこの頃です。家





cf4747ed.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


サト先生のブログはこちら → レガート日記たまごの気持ち





≪パートさん募集中です≫


?月~金曜 午後3時~8時 の間で応談

?土曜日 
   午前10時~午後8時の間で応談

?冬休み、春休み、夏休み期間中(月~土)
   午前10時~午後8時の間で応談


お仕事は店舗業務の補助全般です。
 

特別な資格は何も要りません

明るい方、人と話すのが嫌いじゃない方

接客業が好きな方・・・


東洋医学の知識を自然に身につけることができますよ。

連絡くださいネ!!





at 01:00|Permalink

2009年02月24日

全国中学校スキー大会2009 リハビリ編

サト先生のブログを久しぶりに読んでみたら

おーーーっとーーー!!

これは  重い・・・

書いてますね。

確かに昨年は私たちにとって本当に大きな、大きな出来事がありました。

怪我から入院中のことについては、結構私がブログにアップしましたが

(私は性格上、すぐにお笑い系に持って行きたくなるのですが^^;)

母であるサト先生は、本当に精神的にも大変だったことと思います。


結局、おぼっちゃまは

昨年の全中スキー大会の最終日、衝突事故で大腿骨骨折

翌日手術後、2か月間入院

そして30cm以上ある金属棒をいれたまま7か月を過ごして

9月に金属棒抜去手術、2週間入院

退院後、10月からリハビリ

って感じで過ごしました。

結局、今年は無事復帰できて、全国大会にも出場することができたのですが

一番大変だったのは、秋からのリハビリでした。

金属棒が入っている間は運動も問題なくできたのですが、

主治医の先生から、金属棒を抜いてからが再骨折の可能性が高いので・・・

っておどかされてましたから


これね、先生も先生なのですよね

夏休み中に抜こうって話もあったのです

先生に聞いたら、全然大丈夫!! 問題ないですよ!!

冬も十分間に合います!!

ってめっちゃ軽いノリ(@_@)

運動会のこととか色々予定もあるので、9月に手術って決めて

いざ、手術の前の外来で

じゃあ、抜きますか、賭けてみますか!  

本当は1年ぐらい、金属棒は入れておくことが多いのですけど

まあ、子供ですから、回復早いですし、

賭けてみましょう!!  って


  \(◎o◎)/!


賭けるって、いったい何をかけるの??

全然大丈夫っていってたやん・・・・

手術入院3日前になんてことを・・・困った


ってな感じのイージーなとっても良い先生です。(^。^)

この先生、実はおぼっちゃま小学5年生のときに、手首にヒビが入ってしまったことがありました。
その5日後から、スキーの遠征合宿が決まっていたのです。
これは合宿は無理かと思ったのですが、先生、いとも簡単に、サポーターしていけばいいですよって。

今シーズン復帰できたのはこの先生のイージーさのおかげかも・・・(^_^;)




10月にジョギングの許可が出てからは、恐る恐るのリハビリだったのです。

とりあえず今日はグランド軽く1周、次の日は1.5周

次の日、足が痛くなったら休みってな具合です。

それでも冬はもうすぐ、12月には間に合うようにしなければなりません。


そんなこんなで、11月中旬に県の強化練習会で岐阜県へ雪上トレーニング。

(実は先生からはスキー板をはくのは12月になってから、といわれていたのですが、おぼっちゃまが絶対大丈夫というもので・・・(^_^;)
県連のコーチも本当にこわごわだったそうですけどね)


で、トレーニングから元気に帰ってきたとき、

なんか私も本当に肩の荷が降りたなって感じで安心して、もうシーズン終わったみたいに力がぬけてしまいましたよ。

(おぼっちゃまにとっては、これからがシーズンの始まりなのですが・・・

スキーのコーチをするわけではない私ができることは、ここまでなので)




そして

昨年2月4日で止まった時計の針 を

進めるためのシーズンが始まりました。



つづく・・・




5c2833e0.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


サト先生のブログはこちら → レガート日記たまごの気持ち



at 20:00|Permalink

2008年09月12日

7か月ぶり

昨日はおぼっちゃまの大腿骨の骨内釘の抜去手術でした。

72ab7e0b.jpg







大腿骨に入っていた金属釘とボルト

長さ30cmぐらい


こんなのが入ってたんですね!!


骨折から7か月が経ち、順調な回復をしたので、抜いてしまうことにしたのです。

やっぱり子供なのと、超音波骨折治療器も使ったのでくっつくのが早かったのでしょう。

数か月は再骨折に注意しないとだめですが、ようやくここまできました。

昨日はサト先生が木曜日で、相談休みだったのでずっと付添でした。

一応全身麻酔なので、待ってる私たちは結構緊張しましたよ。


すんでから、先生が

「この病院で、こんな若い子が手術するのはめずらしいです」


と言われたそう・・・(@_@)


あの~、それって・・・汗


確かに、うちのような田舎では整形外科の患者さんはご高齢の方ばかりです。


主治医の先生はスポーツドクターの資格をもっておられる部長さんなのですけどネ。



しばらくは見舞の病院通いがまた続きます。



なにはともあれ、一安心のダイでした。





5e3591c1.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


サト先生のブログはこちら → レガート日記たまごの気持ち



at 18:46|Permalink

2008年05月21日

ちょっと深イイ話

私のおばあちゃんは明治36年生まれ、14年前に亡くなりました。

おばあちゃんといっても、正確には祖母の妹さんです。

ちょっとややこしいので、先に説明しておきます。

私の祖父とその弟(祖叔父)に、祖母とその妹(祖叔母)がお嫁にこられたのです。
早い話、兄弟と姉妹どうしで結婚されたのです。

お姉さんのほう(祖母)は私が2才のころに亡くなったので、記憶にほとんどありません。

ですから妹さんのほう(祖叔母)が実質の私のおばあちゃんでした。

以下、おばあちゃんというのは、その妹の祖叔母のことです。

うちは家業をしていますので、父も母もお店(当時は卸もしていた)で忙しく、食事のことや身の回りのことは結構おばあちゃんがやってくれていました。

ですから、私は完全におばあちゃんっ子です。


今回はそのおばあちゃんの話です。


私の祖父と、おばあちゃんの旦那さん(ここではおじいちゃんと呼びます)は兄弟で本当に働きもので、一生懸命頑張ってお店を守ってきたそうです。

でもおじいちゃんは、病気で三十台で亡くなってしまいました。

私の父が4才のときです。

夫妻は子供に恵まれなかったため、一人になってしまったおばあちゃん

御主人の生き写しのように頑張って働かれました。

お姉さん(祖母)は奥のこと、妹であるおばあちゃん(祖叔母)はお店のこと、というように分担されていたので、

おばあちゃんは、お店ばあちゃんとも呼ばれていましたよ。

実は、祖父も私の父が12才の時に亡くなったので、
(兄弟とも早死でした)

うちは働ける男手がなくなってしまったのです。

それをおばあちゃんと、父の姉(3人)で必至に頑張って家を支えてくれました。

父が予科練に志願したときは、おばあちゃんは本当にショックだったそうです。

父が出兵するまでに戦争も終わり、世の中も安定し、

父も母と結婚し・・・

私も生まれました。

その間もずっと一人で家を守ってきたおばあちゃん


時は移り、私にも子供が生れ、ひいおばあちゃんになりました。

そんなおばあちゃん。

97才で亡くなりました。

老衰です。

大往生だったので、結構笑顔もあるお葬式でしたよ。

それから、中院も無事終り

いよいよお骨をお墓に納めに行くことになりました。

お寺さんで墓標も書いてもらい、

父と、兄と、私、それぞれ、お骨と墓標とスコップ・つるはしを持って

お墓までは歩いて十数分。


父が困ったように話出しました。

「お骨を埋めるところがないなあ・・・」

先祖代々の墓もあるのですが、ここ近年(といっても何十年)の親族は、個別に墓石や墓標で納めているため、お墓の中の空き地が少なくなってきているのです。

「おばあちゃんの旦那さんの隣には埋められんの?」  聞きました。

「うーん、旦那さんの墓標は朽ちてきて、今30cmぐらいになってるけどなぁ、隣はちょっと狭いなあ」  と父が言います。

「まあ、行って考えよ」

歩き続けました。

また父が、ぼそぼそと話しだしました。

おばあちゃんの昔の話です。

実はおばあちゃん夫婦は、家を建てていたのですが、
完成に間に合わず旦那さんは亡くなってしまい、
結局は二人で一緒に新居に住むことはできなかったのです。

おばあちゃんの隠居のことを私らは「新築」って呼んでたのですが、

私は、小さいころ、しょっちゅうその「新築」でおばあちゃんと一緒に寝てました。

そうだったのか・・・

こんな話、一度も聞いたことなかった・・・

おばあちゃん、本当はさびしかったんだろうな・・・



父の話を聞き、そんなことを想いながら歩いていると、お墓に着きました。


父が  「さあ、どこに埋めよかなぁ・・・」

と、お墓を見た瞬間、

三人とも思わず、あっ!  と声をあげました。


なんと、旦那さんの墓標の根元が完全に朽ちて、
墓標がポロっと横に倒れていたのです。

そして、その跡には小さな穴が・・・

そうです、旦那さんのお骨を埋めた跡です。



「ここにおいで、待ってたよ・・・」




本当にそう言っているようでした。

数日前に父がお墓の草取りに行ったのですが、
その時は朽ちながらもしっかりと立っていた墓標が・・・


なんとおじいちゃんの粋なはからいなんでしょう!


迷わず3人で、おばあちゃんの遺骨をおじいちゃんの墓標の跡に納め、新しいおばあちゃんの墓標を立てました。



おばあちゃん、やっとおじいちゃんといっしょだね

この世で一緒にいられなかった分、天国で二人で幸せになってネ・・・





とても心があったかくなった一日でした。

5月21日は亡きおばあちゃんの誕生日です。






3b5b84f1.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


サト先生のブログはこちら → レガート日記たまごの気持ち


at 20:00|Permalink

2008年04月27日

サト先生はナチュラル! パート2

木曜日、家に帰ってさあごはん。

冷蔵庫をあけたら・・・????!!!!

うーーーん、なんじゃこりゃ!!

cb904165.jpg







冷蔵庫にメリットシャンプーが入っているではありませんか。

なんのまじない?

冷やすと髪にいいの?

お嬢の何か悪巧み???

まさか、調味料に使えってか?!

考えてもさっぱりわかりません。




サト先生に聞いたら、

サト先生、大笑い!!

わたし、何か間違えたみたいね

だって・・・(@_@;)


しばらくして

オフロに行ったサト先生

オフロの前にこれが置いてた  って

ドレッシング手に持って爆笑しながら戻ってきました



そうです

ナチュラルサト先生

ドレッシングとシャンプーがあべこべになっていたのでした

\(◎o◎)/!





a1a8c329.gif
ブログランキング参加しています
クリックお願いします


サト先生のブログはこちら → レガート日記たまごの気持ち


at 09:30|Permalink