中国研修

2018年10月05日

亳州 番外編その2

一昨年、亳州(ハクシュウ) の生薬市場へ行った時ですが

初めて中国の新幹線に乗りました


IMG_0374

IMG_0373


上海から合肥まで 

確か2~3時間だったか??

以前、大きな事故もありましたね

若干心配しつつ・・・・


でも、中国へ行くのに交通機関の心配してたら

どっこも行けないですね


当然時速300km越えです


でも、日本で新幹線に乗る感覚でいたら



・・・ 


ちょっと違いました


出発時刻間際で改札が開かれ

キップは改札でチョキンと切ってもらい

土地が広いからか駅もだだっ広い

ぞろぞろ人が乗り込んで無事出発って感じ??・・・(・。・;



良く言われてる通り

自分の指定席にはすでに見知らぬ方が座って

席を暖めておいてくれます     

  藤吉郎ご苦労 って・・・

(もちろんみんなじゃないですよ、そういうこともあるってことね)


大きな国土を走るから日本と違ってほとんど真っすぐ

あまり曲がらないから走行は快適でした



中国の新幹線乗ってから

つくづく思うのですが

京都駅とか、名古屋駅で乗換待ちしていると

ホームの両サイドに

数分おきに

のぞみ、ひかり、こだま・・・

ジャンジャン来ます

別に今まで何とも思ってなかったことなんですが・・・

これって  ス ゴ イ ッ  

いったい線路上には何本の新幹線が走ってるの??

どうやって管理されてるんだろう!?

日本人の几帳面さが作り上げた技術の結晶でしょうねぇ



何かの記事で見たか、読んだか・・・

うちら田舎もんには縁がありませんが

東京の電車なんか2~3分おきに来ますよね

ヨーロッパの人がそれ見て

そんなに電車すぐ来るなら、時刻表いらんやろ! 

って言ったそうです



イヤイヤ、あまりに正確な時刻表通りだから

なせるワザ・・・


くまもんみずほ1


サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 専門相談
  ⇒ 10月26日(金)、27日(土)
         11月9日(金)、10日(土)




daizoblog at 23:30|Permalink

2018年08月02日

中国生薬市場 ~西安~

中国生薬市場シリーズ

~西安~

古の都、唐の長安 

現在の西安です

あの大帝国、唐の都の生薬市場!

かの弘法大師もここを目指し 

そして傷寒論を持ち帰った・・・!


きっとめちゃくちゃでかいに違いない

生薬もきっと質の良いのが集まってきてるハズ


かなり期待して行きました

西安に着いてから、ガイドさんに調べてもらったら

昔の市場とは場所が変わって、街のはずれに移動
している・・・


これは余計に期待が高まります

今まで見てきた経験上、新たに大きな市場を作るため

街中から郊外に移動してる場合が多いから・・


ということで、ワクワク度最高潮で着きましたよ

西安の生薬市場

入口では孫 思邈(そんしばく=唐の時代の医聖です)の
大きな像がお出迎え!

IMG_0950

おおー!!  アドレナリン放出量が急上昇!


いざっ突撃!!

IMG_0951


・・・・

・・・・

ん?

・・・・

お?

・・・

・・


IMG_0963

思ったより・・・  


期待値が高かったので

その分もうひとつ感が大きかったのですが

決して、全然だめというわけではありません

一緒に行った仲間は掘り出し物に巡り合え

ご満悦



まあまあ普通の小さな生薬市場

わざわざ生薬のために

西安まで来る必要はないか・・・

という感じではありました




そんなこと、まず日本で調べてから行けよ!

と言われそうですが

もちろん行くまでに調べています

調べると、中国の生薬市場の規模順に

書かれていたりする論文があるのですよね

で、それでは西安の市場はかなり上位に書いてあり

成都の市場よりも上だったのですけどね



中国4大生薬市場といわれ(=亳州、安国、禹州、樟樹)

(あの大きさの成都が4大市場には入ってないのです)

それで樟樹に実際に行ってみると、季節はずれで
ほとんどお店が開いてなかったり・・・ 

なんてこともあります

日本の旅行社では全く話にならないし

中国のガイドさんでも中国全土を知ってるわけ
じゃないですからね


やっぱり自分の目で見て確かめるのが一番

というか、行ってみないとわからない・・・


まあ、規模より、質を求めているため

規模が小さくても当たりのこともあります


でも、規模が大きい方が色んな店があるため

質の吟味ができることは確かですね・・


サト先生のブログはこちら
レガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 専門相談
  ⇒
8月24日(金)、25日(土)
        9月28日(金)、29日(土)



daizoblog at 22:00|Permalink

2018年07月13日

亳州 番外編

亳州は三国志で有名な曹操の故郷です

そして、その曹操の頭痛を治せる唯一のお抱え医だった華佗
の故郷でもあります

この華佗の話は滋賀夕刊に2回書いています!

滋賀夕刊の漢方薬のお話

80話


175話


亳州にはその華佗の記念館があり、もちろん見学!

IMG_0387

IMG_0391


華佗は「麻沸散」という処方を考案して、腹部切開手術
をしたと言われています

1600年後の江戸後期、華岡青洲はこの麻沸散を参考に、
麻酔薬「通仙散」を作りました
IMG_0399


華佗が長生のために考案し、自ら実践していたという
健康体操法  「五禽戯」(ごきんぎ)
IMG_0403

動物の虎、鳥、猿、鹿、熊の動きをまねして体操!



曹操に背いて故郷へ帰ってしまい

戻ってこなかった華佗

結局曹操に殺されてしまいました・・・


華佗、建安13年(西暦208年)没

(ということは傷寒論の張仲景と同じ頃活躍していたのですね)

生年は不明ですが、一説には西暦110年とも・・・

だとすると、なんと97才

まあ、長生きだったのは確かでしょうね

やっぱり五禽戯の効果なのか・・・


サト先生のブログはこちら
レガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 
専門相談
  ⇒
7月27日(金)、28日(土)
   8月24日(金)、25日(土)






daizoblog at 20:30|Permalink

2018年06月30日

中国生薬市場 ~安国~

中国生薬市場シリーズ

~安国~

北京から150kmほど

車で行きます

亳州に次ぐ中国最大級規模の生薬街 安国

始めて見たときはホントに驚きました

あまりの規模に

さすが中国と思ったものです


中国の30%以上の生薬が安国で取引されている

中国では 「安国を通らないと生薬になれない」

と言われているそう



あと、驚いたこと


午後になったら

全部の店が閉めちゃう・・・

えっ えっ??

中央市場の中のお店

あれだけのお店が

みーんな布かけて

帰っちゃう 


市場は午前中だけしか開けないってことを

初めて知りました

(広州はもっとやってたように思ったんだけど・・・)


以来、生薬市場へは必ず前泊で街に入って

午前中にしっかりと行くようになりました


当時は鹿茸や人参も質の良いのが今より安かったですね


最近は中国当局の政策で生薬の品質を一定にするとか

その影響で北京に一番近い安国は
  少し元気を失ってるらしい・・・

そんなことを風のウワサで聞きましたが・・・

力あふれる生薬街 安国  ちょっと心配です



中央市場
安国



サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち

竹内美香穂先生の相談日:月経痛、生理不順、PMSなど 
専門相談
  ⇒
7月27日(金)、28日(土)
   8月24日(金)、25日(土)



daizoblog at 20:43|Permalink

2018年06月23日

中国生薬市場 ~広州~

中国生薬市場シリーズ

~広州の青平市場~

広州の青平市場は4回・・・ん? 
5回・・・ だっけ (^_^;)

ここの中央市場はそんなに大きくないのですが

(それでも4~5階建のビル)

周辺に生薬のお店が密度濃く、大きく広がっていて

生薬の市場街という感じがとてもするところ



漢方の勉強会で

ここ広州の広州中医薬大学とは深く交流していた
時期があります

生薬市場にも教授がついてきてくれたり

そこの学生さんが案内役をしてくれたり・・・

教授に日本にも来てもらいました

そんなこんなで広州は一番回数多く行った市場です


一番最初に行ったときは檻に入ったイヌが売られて
いるのを見て

やっぱり、中国 (@_@)!!

四足はのものは机とイス以外は
何でも食べ・・・・  !!??

と驚いたのですが、

あれは純粋にペットとして売られていたものなのか

いまだにナゾ・・・  (^_^;)



バカでかい建物の中央市場をドカンと構えた
市場と違って

お店がぎゅっと街に詰め込まれたって感じで

街もあまりきれいではない・・・(良い意味でです)

なんか安心する広州の青平(チンペイ)市場です


中央市場の2F
014


これも中央市場
016


サト先生のブログはこちらレガート日記 たまごの気持ち



daizoblog at 20:30|Permalink

2018年06月11日

中国生薬市場 ~成都~

中国生薬市場シリーズ (と勝手にシリーズ化・・・

~成都編~

昨年は成都の生薬市場へ

成都はこれで3回目です

漢方の道に入り、初めての中国研修で訪れたのがこの成都

もう20年以上前になります


中国の道路は歩行者でなく車優先

でも、本当は 勇気のある人優先! (^^;

とか

成都の男は働くのがキライで、昼間っから遊んでる

飛行機が成都に近づくと、マージャンのパイの音が
聞こえてくる

とか

成都はほとんど晴れの日がなく、曇りの日ばかり

ごくたまに晴れると犬が太陽に向かって吠える


等・・・

中国のガイドさんに面白おかしく教えてもらいました



当時の生薬市場はもっと小さく、青空市場の様でしたが

今の市場は比べると驚くばかりの規模に


さすが四川省の省都、人口1400万人の都市の生薬市場です

中央市場

IMG_0912

中もめちゃきれい!
IMG_0924

所せましと数百店舗以上!
IMG_0923


何年前だったか、2回目に行ったときは、中国では
冬虫夏草が大ブーム

冬虫夏草で一財産築いたとか

店には冬虫夏草目的の泥棒が入るとか

そんな話を聞きました


これだけの規模だともちろん生薬も充実しています


歩き回って

お目当ての生薬がなかったり

求めている質のものがなかったり

なんてこともよくあるのですが・・・

それでも

生薬市場にいると

なんかワクワク、興奮します


サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち


daizoblog at 20:30|Permalink

2018年06月05日

中国生薬市場 ~亳州(ハクシュウ)~

本来なら、今頃私は中国に・・・

でも、今回は日本でお留守番


行く予定だったのは

中国の生薬市場 安徽省 亳州(ハクシュウ) 

実はおととしの2016年に行ったのですが

あまりに大きく、充実していたので、今年もう一度 ・・



ということで


おととし行った時の写真を・・・

中央市場
IMG_0410

ここは中央市場だけでも東京ドームの数倍という大きさ

周辺の店舗も加えたら・・・

まさに中国最大!(ってことは世界最大ですね)

中国最大と言われる市場はいくつかあるのですが

ここは正真正銘の最大でした、次が安国でしょうね・・・

中央市場の中
IMG_0414

ごくごくほんの一部です
IMG_0416


この年は勉強のため薬学生の息子も連れて行きました
IMG_0419


本当に生薬は充実していて、珍重なものも多く

日常に使用するものでも良質のものがたくさん!


漢方薬の品質がまだまだ向上できると思うと

胸が高鳴り、興奮の市場視察でした


って・・・


やっぱり行きたかったなぁ~


 (^_^;)





サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち



daizoblog at 20:30|Permalink

2018年06月02日

サト先生 出発!

今年もサト先生、中国へ出発しました。

毎度毎度準備に追われ・・・

バタバタの出発

と思っていたら


今年は結構早くに準備

おお、すごい!


帰りは8日(金)夜ですので

お店は土曜から復帰です

期間中

お薬や体調などの相談はすぐにはご返事できないと
思いますが

お薬がご入用の場合はご連絡いただければ大丈夫です



しっかりと病院研修してくると思いますので

ご迷惑をおかけしますが

何卒よろしくお願いしますm(__)m





ところで

サト先生と私は別々の漢方の勉強会に属しています

二人ともほぼ毎年中国に行っていますが

それぞれ別々です

サト先生は不妊勉強会で、中国の病院での研修が主で

私は中国の生薬市場視察がほとんどです

(以前は病院研修や病院の教授との勉強会や
交流もありましたが・・・)

今年は

なんと、日程がまるっと被ってしまい

サトダイ首脳会談の結果・・・

まあ、当然の流れではありますが・・・


(^_^;)


私は日本におります・・・


・・・


やっぱり・・・



サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち




daizoblog at 21:00|Permalink

2018年05月31日

滋賀夕刊 漢方薬のお話 197話掲載


滋賀夕刊に「漢方薬のお話し」197話 掲載されました

かれこれ197話ということは

もう16年以上!

第1話が 平成14年2月 

毎月1話、今までお休みしたことはありません

でも、私とサト先生でほぼ交代で書いてましたから


といっても締め切りがあって、案外大変・・・


それが

昨年8月から強力なメンバーが増えました!

って



です

実は188話から196話 までは連続で書いてもらいました

今回は娘もバタバタしており

久しぶりに私が書きました


滋賀夕刊197話


滋賀夕刊197



サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち



daizoblog at 20:30|Permalink

2017年09月26日

サト先生中国へ

サト先生が23日から中国へ研修に行きました!

帰りは28日夜ですので、お店は29日(金)からになりますm(__)m

ほんと、毎年のことですけど出発前はバタバタ、ドタバタ(^_^;)

留守中のお客様への対処とか、メールとか…

結局荷物の準備は前日の深夜まで

(でも、今年はちょっと前に済ませたみたい~成長してます!)

ぼくが気胸でダウンしていたのもあり

だいぶんお疲れのままの出発でした

厳しい研修なので、体が心配ですが

たくさんのものを得てくると思います

何卒宜しくお願いいたします。



27日(水)は臨時休業させて頂きます。

誠に申し訳ございませんm(__)m


サト先生のブログはこちら → レガート日記 たまごの気持ち



daizoblog at 20:13|Permalink